2010-03-29 00:03 | カテゴリ:DARKER THAN BLACK 黒の契約者
 
「ずっと、このまま…黒と一緒に居たい…」

DTB外伝第2話、香港での出来事。
銀の想い、黒の想い。
二人のそれぞれの想いとすれ違いが何とも危うげで…
流星の双子を知る視聴者としては、この先どんな悲劇が起こってしまうのか。
…凄く凄く怖いです(半泣)


「覚えていないのか?さっき言った事…」
自分の発言を覚えていない銀。
あの時の彼女は「銀じゃない存在=イザナミ」?
それとも「銀の(無意識下の)他の一面」?
最初はイザナミ…つまり全くの別人格なのかなぁと思ったんですが、全体的に
見るともしかしたら銀の中にある、正反対の二つの想いのそれぞれの意識なの
かもしれないとも思ったり。

想いのままに黒と一緒に居たい、と共に在る事を望む。
一方で、自分を守る為に黒が傷つく事を恐れ、黒と一緒には居られない、と
離れた方が良いのではないかと思う。
この相反した想いが、銀の中にあるんじゃないかなぁと。

「あの子がいない…」
あの子…っていうのが観測霊の彼女、ですよね?
銀自身が「彼女」の存在自体を恐れている様には見えなかったんですが…?

「今は居ない。
 私が話しかけていないから。」
やはり、ドール同士でのネットワークは存在しているみたい。
それかもしくは「イザナミ」のバックアップ的なもの…なのかも?
そういえば星見様については流星の双子でも結局語られず…でしたよねぇ。
彼女についても何か描かれるのかな~と思ったり。

「この男と一緒に居たら、それが分からなくなったから。」
この男呼び…って事は、銀じゃないんですよね。
とりあえず黒が銀に影響を与えているは決定で良さそうな。
…黒が特異なのか、銀が特異なのか、それとも…?って感じでこの辺はまだ
ハッキリしませんが。

「私がドールであってもなくても、お前に取引するつもりなど無かった。
 ――どうせ殺すつもりだったんだから…」
公式サイト予告でも怖かったシーンです(怖)
黒は銀の変化を恐れている事が良く分かります…

「貴方からも言っておいて。
 どうせもぅ人間じゃないんだから、早く『私』の傍に来なさいって。」
『私』ですか…
これはもぅ決定的に黒に突きつけられた感ですねぇ。
目の前で普通の姿の銀から観測霊になって消えたあのシーンは黒も吃驚です。
やっぱりあの人型の観測霊が『私』『あの子』…つまり彼女みたいで。
…となると、流星の双子で現れたあの(蘇芳の目の前で黒に寄り添った)人型の
観測霊は…彼女なのかもしれません。
それともやはり銀だったのかも?…ちょっとわからないですねぇ。

それと彼女が、怪我をした黒の手を絡めて寄り添った為に、どうやら傷の
流血を止めたみたいで…それも吃驚です。
黒が失血で気を失う程だったのに、普通なら血が止まる筈が無いのに…
これも、彼女の力…なのでしょうか?

「これからは何でも言ってくれ。
 思った事何でも――」
何でも…と銀に言う黒自身が、銀の異変や自身の不安等を言わずに居るという
矛盾。
互いが互いを想いながらも、自身の本心を相手に対して曝け出せずに居る様な、
そんな不安定さがより表立って来ている感じですねぇ。


次回は、5月発売です。

「EPRの残党に拾われた俺達に訪れた、つかの間の安息。
 だがそれも長くは続かなかった。
 ジャングルに降る雨は、岩を穿つ楔の様に俺達を打つ――」

ってやっぱり雨霧ー!!
貴方生きていたんですか?!
眼帯&火傷で大怪我したみたいですが、生き残ってEPRの残党を率いて
いるみたい。
それにしても、やっぱりアンバーは存在感というか物語への影響というか…
が大きいです。
流星の双子での三鷹文書の件といい、彼女は何処までの未来を見ていたんで
しょうねぇ。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する