2008-09-16 23:17 | カテゴリ:コードギアス 反逆のルルーシュ R2
 
さっき思い出して見てみたら、更新されていたので。
毎週月曜更新なんですが、昨日は祝日だったからでしょうかね?

全体的に、あまり変化はなし。
…というか、咲世子さんくらい。
ただ、逆に「変わっていない」部分に気になる点が幾つかあったので、その辺も含めて以下。


●キャラクター紹介

・篠崎咲世子(CV:新井里美)

篠崎流の体術や変装術などを駆使するスーパーメイド。
元はアッシュフォード家に使え、ルルーシュとナナリーの世話をしていた。
その裏でディートハルト配下の諜報員として黒の騎士団に参加。
ブラックリベリオンの後に一時行方不明となっていたが、どうやら密命を受け中華連邦で活動していたらしい。
第二次トウキョウ決戦の際には、エリア11の政庁に潜入しカレンを救出、ナナリー総督と共に脱出するも、フレイヤ弾の爆発に巻き込まれたと思われていたが、シュナイゼルにより救出されていた。
が、ナナリーを利用するシュナイゼルに賛同出来ず離反。
傷つきながらもルルーシュの元に再び参じた。


シュナイゼルの仮面に気付いてくれたんですね!!(感涙)
自分(とナナリー)の「命の恩人」であろうと、納得出来ない人物には離反する。
…って、これが当然でしょう!!
あ~もぅ某騎士団の人達とかも、彼女を見習いなさい!


で、あとは気になる人を。

・ディートハルト・リート

…これはホントに気になります。
朧としては、この公式サイト情報は「ルルーシュ視点」が主だと思っているのですが(一部過去のカレンなど例外あり)、そうなるとこれが腑に落ちなくて。
今回通信越しの対面となったルルーシュとディートハルト。
これで「ディートハルトがシュナイゼル側についた」のは自明な筈なのに、公式では変化なし。
しかも、あの時会話が無いのは納得なのですが、それにしてはあのアイコンタクトが意味深な感じですし。
…来るか?カオスの記録者!


・コーネリア・リ・ブリタニア

彼女は微妙ですなぁ。
ルルーシュ視点ではあんな事があったとは知らないでしょうから、そういう意味では変化なしは納得なんですが。
…でも、↑のディートハルトの疑問が引っかかります…
もし…もし彼の立ち居地が見たままでないとしたら…?
そうなった場合、あのシーンの後でのディートハルトの動きもまた、何かあった可能性もあるわけで…
あと、「左腕が治った」のも気になります。
わざわざ作中で酷かった怪我が完治している辺り、その五体満足な彼女の活躍が見れる筈!と思っていたので。
あのまま最期…じゃあ、何故腕が治った事をあんなに描いたのか、全部意味が無かった事になってしまうのと思うので、まだ期待しています!


・ノネット・エニアグラム

彼女も疑問です。
残り少ないラウンズ…といか、ルルーシュ側のスザク、シュナイゼル側のアーニャ、黒の騎士団のジノ、以外でラウンズは彼女一人。
なのに、未だ姿が見えなくて。
21話ラストでは、ビスマルク、ジノ、モニカと一緒だった彼女ですが、今回見えないって事は少なくともあの富士の決戦時ではシュナイゼル側にも黒の騎士団側にも居なかった、のでしょうし。
…となると、彼女は今現在一体何処で何を…?
ノネットがコーネリアの士官学校時代の先輩、というのも、何かありそうな気が…しなくもないです(苦笑)



●STORY

TURN 24 『ダモクレス の 空』

帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させたフレイア弾。
その決戦兵器を大量装備した天空要塞ダモクレスが舞い上がる!
そのシュナイゼルの計画が完了すればもはや世界は彼の手に落ちる!
ルルーシュとナナリーが、カレンとスザクが虚空の彼方で相対する時、すべては結末に向け加速する!

一体何人がお亡くなりになるのか…不安ですね。
大丈夫って言うのは、おそらく神楽耶や天子他…各国トップ辺り位?
誰も彼も危険です!(汗)
所で、今回ルルーシュが蜃気楼にフツーに乗って(立って?)演説していましたが、あれって大丈夫だったんでしょうか?
ゼロの機体を皇帝が…って、知らない人が見たら「?!」だと思うんですが…(汗)


スポンサーサイト

管理者のみに表示する