2008-09-01 17:21 | カテゴリ:コードギアス 反逆のルルーシュ R2
 
今週の公式サイトの更新です。
だいぶ陣営変更に。

主に、シュナイゼル陣営が「旧皇帝派」に。
他のラウンズ等も皆向こうですね…アーニャもですか(沈)

黒の騎士団の他との関係が何も書かれていないのですが…どうなるんでしょう?


●キャラクター紹介

・ルルーシュ・ランペルージ(CV:福山 潤)

エリア11の私立高校アッシュフォード学園に通う少年。
明晰な頭脳を持ち生徒会の副会長を務めている。
ブラックリベリオン時にスザクに捕らえられ、ブリタニア皇帝により記憶を改変されていたが、C.C.により魔神として復活。
再び「合衆国日本」の設立を高々と宣言した。
その後、中華連邦の攻略、ギアス饗団の殲滅、超合集国の設立宣言など着々とブリタニア包囲網を狭めていたったが、もっとも身近な存在を次々と失い、さらにはシュナイゼルの姦計により黒の騎士団から追放されてしまう。
全てを失い護るべき妹ナナリー無き今、ルルーシュは、全ての元凶であるシャルル皇帝だけでも倒さんと神根島に乗り込み、Cの世界の力により再生していた母マリアンヌ共々見事父を打ち倒し、集合無意識その物を沈黙させた。
そして、ブリタニアの、そして世界の頂点に立つべくルルーシュ・ヴィ・ブリタニア99第皇帝が誕生した。


…「第99代皇帝」ですよね?
ついでに言うと、関係図でルルーシュの部分が「肯定」になっていますスタッフさん!(汗)


・枢木スザク(CV:櫻井孝宏)

ルルーシュの幼馴染であり、最大の敵となってしまった少年。
ブラックリベリオン時にゼロを捕らえた功績により皇帝直属の騎士であるナイトオブセブンに抜擢された。
超人的な戦闘力は、たった一人で戦局を変えてしまうほどである。
紅蓮聖天八極式との戦いで生存の窮地追いやられたスザクは、ついにフレイヤ弾を放ち、トウキョウ租界を崩壊させてしまった。
全てを失い爆心地に立つスザクはある決意を胸に刻み、皇帝とならんシュナイゼルの命を受け、シャルル皇帝暗殺に向かう。
が、最強の騎士ナイトオブワンの前に敗北、すんでの所をルルーシュの乱入により命を救われた形となる。
そして皇帝はCの世界でルルーシュによって打ち果たされ、親友と対峙した時…。
再び表舞台に姿を現した彼は99第皇帝ルルーシュの騎士、ナイトオブゼロとなっていた!


ユーフェミア→シャルル→シュナイゼル→ルルーシュ
こう見るとホントに「裏切り」続きですね(汗)
とは言え、互いに本質まで理解していて、互いの能力を誰よりも知っている二人。
凄い事になった!って感じです。


・C.C.(CV:ゆかな)

ギアスの力を司り、不老不死の能力を持った謎の少女。
その正体は、遠い昔、奴隷に身をやつした普通の女の子だった。
雇い主の下から逃げ出した彼女は、先代のC.C.とも言えるシスターに保護され、「誰からも愛される」というギアス能力を授けられる。
だが、それは不老不死の力を強引に引き継がされるために行った好意であった。
そして、ギアス付与能力と不死の力、すなわち「コード」を持って幾年月もの時間を過ごしたC.C.は、ブリタニア皇帝と戦うルルーシュを救うため、そして「死ぬ」という自らの望みを果たす為に黄昏の神殿に現れる。
しかし、ルルーシュの言葉で翻意、異空間からの脱出のさいに不老不死の能力とC.C.としての記憶を失ってしまう。
その後、アーニャの中に潜んでいたマリアンヌの手引きにより、記憶を取り戻す。
そして神根島で盟友であったシャルルとマリアンヌの最期を見送った今、C.C.は新たな修羅の道を進もうとするルルーシュの傍らに立つ。

…皇妃にはならないんですねぇ(爆)
いやでもちょっと妄想していたのですが、そうはならないっぽいですし…C.C.のドレス姿、ちょっと見たかったです。


・ブリタニア皇帝 [シャルル・ジ・ブリタニア](CV:若本規夫)

超大国ブリタニアに遍く君臨する第98代唯一皇帝。
記憶を改変するギアス能力者であり、ルルーシュからゼロとしての記憶を奪っていた。
謎の少年「V.V.」とは双子の兄弟。
ルルーシュが行ったギアス嚮団殲滅戦の際には、V.V.より「コード」を奪い、不老不死の身体となる。
Cの世界で行われたルルーシュとの戦いで死んだと思われていたが見事に復活、神根島の遺跡で再びアーカーシャの剣を使い集合無意識への全人類の回帰すなわち「嘘の無い世界」を作ろうと画策する。
ブリタニアの世界制覇、C.C.の捕縛も全てはその為だったのだ。
しかし、その前に立ちはだかったのは「愛息」ルルーシュ。
世界を統べる力と不死身の体を持っていた皇帝だったが、集合無意識自体にギアスをかけ、世界その物を無効化したルルーシュの前についに消滅させられてしまった。


……?!
(ごしごし)
…………「愛息」?!
すいませんちょっと吃驚しました…愛息ですかそうですか。
あれが彼の愛情だった訳ですか…(滝汗)


・マリアンヌ・ヴィ・ブリタニア(CV:百々麻子)

「閃光のマリアンヌ」と謳われたルルーシュとナナリーの母。
8年前、V.V.の策略で死亡したが、C.C.の与えたギアスにより心はアーニャの中に潜んでいたようだ。
その野望を果たさんとするシャルルの下に参じるも、ルルーシュの反逆の前に消滅させられてしまった。

あっと言う間の出番でしたね。
何気に凄い御方でしたが(苦笑)
フツーにシャルルを「あなた」と呼んだ辺りに、あぁこの二人は本当に同志で夫婦だったんだなぁと。


●STORY

TURN 22 『皇帝 ルルーシュ』

世界は変貌を遂げようとしていた。
超合集国とブリタニア帝国。二極化した力の激突は避けられないのか?それとも…。
多くの人間の運命が変転し絡み合い新たな物語を紡ぎ、いよいよクライマックスへと突入する!!

この「後」、世界がどうなっていくのか…ホントに凄い展開です!



スポンサーサイト

管理者のみに表示する