2007-10-19 23:53 | カテゴリ:天元突破グレンラガン
 
遥かな未来。
人々は地中で時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息を潜めるように暮らしてきた。村を広げるための穴掘りをしていた少年・シモンは、偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。そして、シモンの兄貴分であるカミナ。彼は地上があることを信じ、外へ出ようと目論んでいた。
ある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なメカが落ちてくる! 暴れるメカに無謀にも立ち向かおうとするカミナ。その彼の前にライフルを手にメカ=ガンメンを追ってきた少女・ヨーコが現れる。しかし彼女のライフルでは、足止めをするのが精一杯。そんな中、シモンは地中から掘り出したモノをカミナとヨーコに見せる。
それは顔だけの謎のメカだった…。


天元突破グレンラガン1 (通常版) 天元突破グレンラガン1 (通常版)
柿原徹也.小西克幸 (2007/07/25)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


再放送の「天元突破グレンラガン」
リアルタイムで観てた人達の盛り上がりに、「観とけば良かった!」って後悔してた朧だったので、これは嬉しい!(笑)

そんなわけで、この先の事とか知らない、まっさら状態で観て行きたいと思います。


第1話。

主人公はシモンでしょうが…「アニキカッコいい!!」(笑)

いやもう素敵ですカミナのアニキ。
この天井をブチ破れ!!って、あのエネルギッシュで強引な程の勢いの良さが非常にイイです。
ついしり込みしがちなシモンを、後から背中を押して前に押し出す…所か、後先考えずに自分ごと飛び出していくようなカミナ。

そして、そんな日常→非日常へと入り込んだその時に現れたのがヨーコ(とメカ=ガンメン)。
ある意味この村という日常の閉鎖空間への侵入者であり、「地上」という外の世界の象徴。
(まぁ、ヨーコが穴倉育ちと聞いてカミナの態度が一転したりしていましたが(苦笑))

シモンとカミナとヨーコ。
この三者三様の反応、そしてこのトリオの雰囲気が面白いですv
突っ込みしようと思えば出来そうな部分もあるにはありますが、それを押しのけて尚余りある程のこの勢いが流石!って感じで。
いやはや、確かに面白いですこの作品。


今後も、時間を見ては1話ずつ(今度こそは(爆))感想をアップしていきたいと思います。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する