2007-09-16 23:47 | カテゴリ:ひぐらしのなく頃に 解
 
圭一たちに対し、児童相談所への働きかけを止めるように押し寄せる圧力。
それは、他ならぬ雛見沢の長老たちの意向だった。
その老人たちに真っ向から相対する圭一、レナ。
はたして、彼らを説得することが出来るのか?
”口先の魔術師”前原圭一の真価をここに見よ!



ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉
坂井久太; 川瀬敏文; 保志総一朗; 中原麻衣; 雪野五月; かないみか; 田村ゆかり (2007/09/21)
Frontier Works Inc.(PLC)(D)
この商品の詳細を見る




今回の雛見沢は、多くの人物が前の世界の記憶を断片的に覚えていて。
圭一、詩音、レナ…それぞれが以前に起こしてしまった惨劇を覚えていて、それを避けるように、より良い方向にと行く流れ。

特に圭一の、運命を打ち破る力に「今度こそ」と再び決意すつ梨花。
「沙都子の叔父が帰ってくる」という最悪の状況も、一つ一つ、正しい方法で変えていく様子に、そして結果、村全体が再結託して行動していく様子は、やっぱり凄い!と思えるもので。
お魎さんまでもを動かすとは…(呆然)
流石は圭一!演説は上手いです(笑)


「運命を打ち破る」
ここまで…ここまではいい方へと進んでいる「皆殺し編」。

ですが「皆殺し」編なんですよね…(滝汗)
やっぱ最後はそうなっちゃうんでしょうか?
…今後が怖くて怖くて仕方が無いんですけど!!


スポンサーサイト

管理者のみに表示する