2007-06-26 23:24 | カテゴリ:ヒロイック・エイジ
 
今回の戦闘、ホントにクオリティ高すぎ!!
特に青銅の種族の描写が……(泣)(震)



…一言言わせて下さい。
愚兄'sはさっさと退場しなさい!!

も~ダメ、この人たちじゃ状況は悪化するのみですよ。
何ですか?やっと念願の太陽系に戻ってきた!って言ってたのに、衛星イオを撃って太陽系の惑星の一つである木星を滅ぼすって…(呆然)
なんつー人達だ…(怒)
しかもベルクロス他味方への被害も全く考えてないし!

「…っ自分達の星を!
 銀の種族が奴等を滅ぼそうとする理由か…」

むしろこの惨状を見ての銀の種族やノドス側の反応がまともですよ。
銀の種族の言う「鉄の種族滅ぼすべし」にカルキノスも納得しちゃうのも当然ですよ。
ニルバール様とか、必死に対応しようとしているのに兄弟が無茶苦茶な事ばかり言って、終いには「臆したのだ。」とか言ってクビ?!
…朧もアルゴノートクルーの様に、心からディアネイラの活躍を望んでいますよ~


「そのエイジを、誰が助けると言うのか…!」
「艦隊がお前を見捨てた今も、たった一人で戦っているのか、エイジ…!!」

…何度も言いますが、エイジ大好きですねイオラオス
最近のイオラオスの出番の半分位は、エイジの心配のシーンな気が(苦笑)
姫様の話題の事よりも頻度が高くなっていないですか?
やっぱり、彼に代表されるように、初めに接点を持ったアルゴノートのクルーは特別なんですね。
今のエイジの状況が酷すぎるので、余計に艦隊との温度差が凄いです。


「何かが…何かが始まろうとしています。
 恐ろしい何かが…!」

あまりの出来事に、艦長らがいる部屋へ自ら赴いたディアネイラ。
…絶対何とかとか言う不可侵領域があるのに、自分で来ましたよ!
艦長やイオラオス達も流石に驚愕しています。
少しずつ、ディアネイラも変化してきているようです。

それにしても、艦長といいニルバール様といい、ディアネイラ支持の方々はホントに優秀。
何時の間に「姫様支持同盟」を秘密裏に結んでいたんでしょう?
規模もありそうな感じですし、今回ディアネイラに伝えましたが案自体への反対は無かった事ですし、あとは本人の目覚めを待つばかり?
早く動いてディアネイラ!


と思ったらラスト!凄い所で終わったし。
レクティって、時間を遡れるんですか?!
うわ、時間に干渉する能力って事?
それってかなり反則技に近いですよ。
とはいえ、ノドスの存在自体反則ぎみに凄いので今更かもしれませんが(苦笑)

とうとうノドスによる1対2の戦闘が開始。
「狂乱」が起こってしまう…のかな?
今回はメヒタカは途中参加?
そうそう、レクティが嫌なら僕が…ってあのメヒタカが自分が代わりに戦うって言い出した?!
え?え?ちょっとどうしたのメヒタカ?
銀の側のノドス達も変わってきてて面白いです。


兎に角エイジ!ベルクロス!逃げて~~!!(悲鳴)




スポンサーサイト

管理者のみに表示する