2007-06-10 22:52 | カテゴリ:DEATH NOTE
 
「…………………はぁ(ガクリ)」

ジェバンニ頑張った!!(苦笑)



魅上がデスノートを持っているとの情報を部下のジェバンニから受けたニアは、憑いているかもしれない死神に注意を促すと共に、さらなる調査を命令。その後、魅上が休憩時に呟いた言葉を読唇術で解析することに成功したニアたちは、魅上の『あの死神ノートを渡したきり現れやしない』との発言から魅上には死神が憑いていないことを断定する。

月と清美が話していたホテル部屋を調べた相沢は、ドレッサーにあったメモ帳などから2人が筆談をしていた事実を確認し、ニアに通報。だが、すでにその情報を掴んでいたニアは、相沢に余計なことをしないよう釘を刺し、今後も月を見張るよう指示を下す。

ニアが次に打った手は、海砂を月からの切り離すことだった。清美が総合司会をするNHN東西歌謡祭の開幕直前、ニアは模木と共に海砂を連れ去った。相沢から月と清美の筆談の話を聞いていた模木が、ニアに積極的に協力したことから海砂の拘束はあっさりと成功。

ニアの指示を受けたジェバンニは、魅上が持っているデスノートに触れることに成功。模木から、デスノートで死の前の行動を23日間操れることを確認したニアは、24日後にジェバンニが生きていた場合、月と対峙することを心に決めた。ジェバンニから送られてきたデスノートの写真を見たニアは、そこに書かれた文字の筆跡が魅上のものに間違いないことを確認し、「これならいける」と勝利を確信する。



DEATH NOTE Vol.7 DEATH NOTE Vol.7
大場つぐみ、 他 (2007/06/27)
バップ
この商品の詳細を見る



いよいよラストに向けての追い込みですね!



「ピンチピンチ、大ピーンチ!!」
「松田うるせー!!」

これでこそ、マッツー(笑)
デスノ唯一の癒しキャラ、マッツー(笑笑)
常識人・相沢さんの苦労が忍ばれます。


此方も相沢さん。
ニアとの初対面で「2代目Lと高田が筆談している」と伝えますが、

「Mr.相沢、余計な事はしないで下さい。」
「Mr.相沢、はっきり言います 貴方方はもう蚊帳の外なんです。」
「…そして見届けてください、キラの最期を。」

つまるところ、「自分とキラの対決の邪魔だから、余計な事はせずに黙って見てろ」(酷)
…可哀想、相沢さん……最初の頃から(途中一時離脱していましたが)ずっと、命がけでキラを追っていたのに…
まぁ、彼らによって、予測不可能のイレギュラーを作りたくないっていうのは分かりますが…やっぱニアって(も?)酷い人だー。


「N、模木と弥の行方が分からない。」
「はい、此方で身柄を拘束させて頂いています。」
「何の為に?」
「念の為に。」


…怖!怖すぎるッ!!
月も声低いし、ニアも嫌味っぽいし。
怖いよ~二人ともホントに怖すぎるよ~
でもマッツーは絶対分かってないよなぁ…ある意味幸せかも(苦笑)


そして今回の主役・ジェバン二!
とはいえ、無理難題危険極まりない任務を任されて、この分じゃ寿命が縮んじゃったんじゃ…
ノート触って、ババババッって周りを見回して、ガクリとへたり込んだジェバンニ(合掌)

「難しくてもやって下さい。」
「Lと対峙するのは24日後、ジェバンニが生きていたらとしましょう。」

そしてサラリと酷い事を言っているニア。
思いっきり、ジェバンニは事実証明の為の使い捨て駒状態。
…やっぱりニア、酷い人だなぁ。
頭いい人程黒い…のはデスノだからしょうがないのかも(苦笑)



次回は、いよいよメロが動きます!!(楽しみv)



DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラックIII DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラックIII
TVサントラ (2007/06/27)
VAP,INC(VAP)(M)
この商品の詳細を見る




スポンサーサイト

管理者のみに表示する