2007-05-14 23:57 | カテゴリ:名探偵コナン
 
【第472話 5月14日放送 「工藤新一少年の冒険(前編)」】

 コナンは光彦、歩美らと帝丹小学校の図書室で読書をする。元太は椅子の上に重ねた本の上に乗り、書架の上の方にある本を取ろうとするがバランスを崩して落下。担任の小林先生は散乱した本を元の場所に戻そうとして書架の隙間に何かを発見する。それは古い革の財布で、中には1枚の紙が入っていた。

 コナンはこの財布に見覚えがあり、紙に記された「ありがとう、一年A組、毛利蘭」という文章を見る前に言い当てる。元太らが驚いたため、コナンは蘭から昔の話を聞いたと慌てて誤魔化す。この後、コナンは10年前に起きた財布にまつわる不思議な思い出を光彦、歩美らに話し始める…。

 10年前、満月の夜に帝丹小学校の図書館にお化けが出るという噂が流れる。小1の新一は噂の真偽を確かめるため、満月の夜に図書館へ向かい、蘭も心配して新一についていく。噂によると、そのお化けは帽子を被り、気味悪い声で鳴くという。そして、新一らは警備員の目を盗んで図書館へ侵入。新一は館内を調べ、お化けがいない事を確信する。月明かりに照らされたカーテンが人影に見え、笑い声のような音は窓の隙間から入る風の音だったのだ。

 噂の真相を暴いた新一は蘭と一緒に帰ろうとする。その時、2人は書架の上に座る帽子を被った謎の男に声をかけられる。新一の弟を名乗る謎の男は革の財布を取り出し、中に入っている宝を見つけ出せるかと新一に挑戦。蘭は断ろうとするが、新一は男の挑戦を受けて立つ事に。男に渡された財布の中の紙には「ハイドの怒りを鎮めよ」という暗号が記されていたが…。



名探偵コナン「紺碧の棺」サウンドトラック 名探偵コナン「紺碧の棺」サウンドトラック
大野克夫 (2007/04/18)
ビーグラムレコーズ
この商品の詳細を見る



このお話の原作、凄く好きなんです。
一代目との接点や、父親達の水面下でのやりとりがカッコよくて。
珍しくコナン(新一)が「?」となっていますし(笑)


にしても流石声優さん達は凄いですね~

小1の新一も蘭も、コナンや高2の蘭とは全く違う声で。
というか特に新一の違いが際立っていましたね。
絵もそうですが、「子供らしく振舞う」コナン(高2の新一)と、「大人ぶる」小1の新一の差がはっきりとあってv
蘭も幼くって可愛くってv

おっちゃんも非常に若々しかった~
思っていたよりもずっと声が若くって、その変化が印象的でしたね~

阿笠博士は…髪が(笑)


そしてそして、「謎の男」に池田秀一さん?!

声聞いて「嘘?!」って(笑)
これで、名探偵コナンの世界には、池田秀一さんキャラが二人ですねv
(赤井秀一+謎の男)


後編も彼らを楽しみにしていますv



次回

コナンは図書館にあった財布にまつわる思い出話を続ける。10年前、謎の男の挑戦を受けた新一は蘭、阿笠博士と共に第1、第2の暗号を解読し、第3の暗号「オクホの証を消し去り 濁った声で孤独を噛みしめろ」を手に入れる。新一は暗号の前半部分を解読して奥穂郵便局へ向かう。2回とも赤い物に次の暗号が隠されていたため、新一は赤いポストに何かあると睨むが…。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する