2007-05-04 13:26 | カテゴリ:小説・文庫
 
少年陰陽師、初の外伝となったこの本。

ですが何ですかこの豪華さ!(笑)
昌浩もっくん彰子にじい様、十二神将全員に成親昌親吉昌とっしー、雑鬼ーずに高於の神、他にも多数出演、そしてゲスト達。
登場人物の多さといったら、今までで一番かも。

特に今まであまり描かれてなかった、青龍、天后、朱雀、太裳、天空の出番が多かったのが嬉しかったです。


翼よいま、天へ還れ―少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ―少年陰陽師
結城 光流 (2007/04)
角川書店
この商品の詳細を見る



内容はもう、ラストがもう…っ!
天馬3人(人?)の過去エピソードがもう…!(泣)
越影、翻羽、踰輝の3人の仲の良さと言ったら…
越影は優しいし、踰輝は可愛いし、おにーちゃんはカッコイイし。
…というか翻羽が成親さんに思えてしょうがなかった(笑)
水妖達が大事に隠し持っていたであろう上質の伽羅を持って帰ってきたときの様子が何とも。

ラストにこのシーン持ってくるなんて、モロに読者を泣かせる為じゃないですか!(号泣)


その他、つらつらと。

・勾陣に天后をとられ、不機嫌な青龍
 ふふふ、青龍→天后v
 全く素直じゃないですな(笑)

・「こんなときになんだが…実は俺、おじい様に愛されていたんだなぁ」by成親
 あははは!この緊急事態で認識される愛情って…
 やっぱりじい様の愛情表現はずれてますね(笑)
 その言葉に遠い目をして心から同意する昌浩にも(笑)

・意外にも凄かった太裳
 「…一向に改まらないのが実に嘆かわしい。あとで翁に報告しなければ。」
 「あなた方もろとも妖異を結界で封じます。頑張ってください。」
 太裳ってこんなキャラだったの?(笑)
 穏やかそうな顔して中々言う事は言うんですね~
 いや、面白いからイイですけど(笑)
 以外にも青龍と仲が良さそうなのもイイです。

・朱雀の活躍
 本編では後方にまわる事が多いので、今回窮奇相手に戦った朱雀が見れて良かった~
 うんうん、天一の事を思い出して必死になる様子は昌浩と被った(笑)

・「孫―――!!」「せーいめ――い!!」
 雑鬼ーず、流石(笑)
 お姫の為に一生懸命な彼らが可愛いです。
 出来れば「雑鬼ーずの五重塔」が絵で見たかったけど…ゲームではないのかなぁ?

・もっくんの喝
 「何にも出来ない」と落ち込む昌浩に。
 感情を荒げて「お前がやったんだろう?!」と叫ぶもっくんに拍手。
 そうそう、昌浩が一生懸命やったんだよ、もっと自分を認めてあげようよ。

・「方士、乗れ!」「うわっ!」
 方士って呼び方、やっぱりいいなぁ。
 そして天馬の背に放り上げられるのも何かいいなぁ。
 天馬の背に乗って飛ぶ…なんて、凄いね昌浩。

・紅蓮だけが
 ――お前は、陰陽師になるんだ。最高峰の、それこそ晴明を越えるような。
 この台詞、全然気付いていませんでした。
 他の者は皆、「晴明のように」と言う。決して「越える」とは言わない。
 ただ紅蓮だけが、昌浩に「晴明を越えるような」と言う。
 この特別な約束を再認識しましたよ。
 


いや、これでゲームも本格的に欲しくなった。
PS2はウチにあるので、ソフト欲しいですよ~

あと、全員サービス、これも応募するしかないでしょう!
同人が集められるし。
これ応募する為に、とりあえず篁の最新刊も買う予定であります(笑)



ENISHI ENISHI
AciD FLavoR (2007/03/21)
ウェブクウ

この商品の詳細を見る



CDが欲しい――!!

ゲームの主題歌、ゲームで聴いて気に入ったら…と思ってたのに、本を読んで今!欲しいです!
歌詞もすっごくピッタリだし、何となく窮奇編の昌浩と彰子を歌ったっぽいし、素敵ですよ~
うわ~どうしよ…買っちゃいそうです(笑)


スポンサーサイト

管理者のみに表示する