2007-02-05 23:13 | カテゴリ:テレビ・ドラマ
 
サラは、かつてアミル・ガウルを自らに取り込んだときに感じた恍惚を忘れることが出来ないでいた。
アミル・ガウルを渡すようゼッドに迫り、キー・スピリット「モナディ」で攻撃を仕掛けてくるサラ。
その時、見守っていたサギリの体内からもまた、スピリットが姿を現す。
ジーコたちは発動したサギリのスピリットを見て驚く。
激しくぶつかりあうスピリット。
そしてサラは…。

牙 第2章 再会の時 3 牙 第2章 再会の時 3
井上敏樹、吉松孝博 他 (2007/02/28)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


しばらく見ないうちにだいぶ話が進んでるなぁ…と思ったら、もう44話なんですね。
って事は、もうラスト目前なわけで。
「牙」結末が楽しみです。


しかし、サラが悲惨な最期を遂げそうで不安でしょうがありません。
アミル・ガウルの闇の部分、魅力に取り付かれた者の末路を辿りそうで。
もうゼッドの声が届かなくなっている時点でもう…ねぇ?

にしても、この話で「救世主」ってのが凄いキーワードだったんですねぇ。
  アミル・ガウル――ゼッド――テンプラー
  サチュラ――ノア――ネオトピア
  サディン――サギリ――シーカーズ
というのは、「選ばれた」存在であり、「救世主」とも呼ばれる点で固定でしょうか。
あとは、プロニモとモナディですが、プロニモはジーモットっぽいし、一領域に一つのキー・スピリット…かも。
というか、キー・スピリットって一体何体あるんでしょうか?

そしてタスクですが、タスクでもキー・スピリットも持つべきと持ち上げられ、救世主とされている少女が出てきたり。
ってタスクは持ってないのでしょうか?
それと同時に、純粋にその少女を思いやり、そしてタスカーという存在への疑問を表す人物も登場。
タスク内でもタスカーが確認されていないって事は、やっぱりタスカーの力が…ってのは嘘っぽい。
とりあえず、この二人は要注意です。
最終的にゼッド達と接点を持ちそうで。

そして、ギリギリの状況でアミル。ガウルを奪いにやってきたタスクの一行。
とりあえずこいつらはナイス・タイミングではあったんですが(苦笑)
余計にワケわかんない状況ですし、逆にサラがキー・スピリットを奪われそうです。

それにしても、サラがどうして記憶喪失になったのか、どうしてシーカーズと共にいたのか、ノアやギンガは何処にいるのか、いろいろ気になる事が沢山です。



次回、「篭城の少女」

睨みあうゼッドとサラの前に現れたジーム。
次々と召喚されるキー・スピリット同士が激突する。
そんな中、突然現れたもう一つの勢力とは。
一方、タスク城の一角に幽閉されている少女・ミレッドはジームによって、タスクの地に現れた救世主としての宿命を見出されながら、城の外に広がる世界に思いを馳せていたが…。
そしてさらなる真実に触れたゼッドは今、新たな決意を抱く!

やはり、キー・スピリットをどうにかするのはゼッドとなりそう。
というか最終舞台はタスクとなるのでしょうか?
そんな感じはしますが。


牙 オリジナル・サウンドトラック Vol.2 牙 オリジナル・サウンドトラック Vol.2
(2007/03/28)
アニプレックス
この商品の詳細を見る


儚く強く 儚く強く
ユンナ (2007/01/17)
ERJ
この商品の詳細を見る


STAY GOLD STAY GOLD
ライムライト (2006/11/01)
SE
この商品の詳細を見る


スポンサーサイト

管理者のみに表示する