2006-12-27 23:05 | カテゴリ:銀色のオリンシス / RED GARDEN
それは西暦2577年、月での出来事…。アーティの『アル』は、とある人間の青年をの命を奪った。彼の名は『コウイチ・アイザワ』。アルは同じアーティである妹のテアと共に暮らすことだけを考え、コウイチを亡き者にしたのである。だがテアはアルの元を離れ、時空の彼方へと消えていった。その後、アルはコウイチと名を変え、テアの行方を捜しながら地球と月をオリンシスシェルで隔離。地球再生計画を開始したのである。それは、今から一千年の昔の出来事…。そして今、テアはズィルバーに搭乗、アル(執政官)はミスズと共にゴルトに乗り込み、最終決戦に臨んでいた。一方、ブライアンたちも行動を移そうとしていた。ヨウスケはミスズの救出に、ブライアンとボルフは地球への攻撃を阻止するため、それぞれ木星艦隊の艦載機で出撃!! 砲弾飛び交う宇宙空間へと飛び出す…。
ヨウスケがミスズを確保した事で、ゴルトは金色のパワーを失っていた。しかしアルを説得しようとするトキトの言葉に彼は応じようとしない。そればかりか、月基地に設置されたオリンシスシェル発生マシンを暴走させてしまった!! このままでは、オリンシス現象が月そのものを飲み込む事になるだろう…。そこへ駆けつけてくるセレナ。彼女は明かす。自分が、実は未来のテアであった…と。そしてアルに再会するために、再びこの時空にやって来た…と。彼女はアルをそっと抱きしめると、そのまま運命を共にする事を決意。トキトたちには逃げるよう言い残した。だがトキトとテアはそうしなかった。一度は離脱したものの、オリンシスシェル発生マシンの暴走を抑えるべく、その中心部へと特攻をかけたのである!! そして、二人はそのまま時空の彼方へ…。そんなトキトとテアの帰りを、ヨウスケたちはいつまでも待ち続けるのだった。

銀色のオリンシス (1)【限定版】 銀色のオリンシス (1)【限定版】
平井久司、竹田裕一郎 他 (2007/01/26)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


★★☆☆☆

結局トキトとテアはどうなったのぉ?!

…え~と、これで終了?
12話ってやっぱり短かったんじゃ…
最後の方、何かいろいろと嘘?!な事ばっかで…疑問が沢山(そして微妙に笑)
つか、執政官、あれじゃまんまシn…(ゴホゴホッ)
んでセレナ!貴方…そーゆーオチですか。
とりあえず、トキトとテアはちゃんと幸せになったんだよね?!
じゃなきゃセレナがあんな風に出来るわけないもんね?!
う~ん、何か釈然としないなぁ。
行方不明って一番嫌だ――!!(叫)

あ、でもアイリとブラちゃんと提督(だっけ?)の会話は楽しかった。
何か優越感に浸ってるアイリに(笑)
というかアイリ、貴方一体何してたの?(いや、何もしてn…)

とにかく、声優&スタッフの皆様、お疲れ様でした。


↓公式サイトです。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/olynssis/

スポンサーサイト

管理者のみに表示する