2006-11-22 23:57 | カテゴリ:DEATH NOTE
 日本に潜入していたFBI捜査官の死の直前の情報を分析したエルが注目したのは、駅構内の監視カメラが捉えていたレイ=ペンバーの死のシーンであった。レイが改札とホームで手にしていた封筒が、死亡した際には見当たらず、遺留品リストにもない。絶命寸前のレイが必死に走り去る電車の中を見ようとしていることからエルは、キラがその車中にいたかもしれないと推理した。
 まもなく、レイのフィアンセ・南空ナオミがレイの死の翌日から消息がわからないとの連絡を受けたエルは、レイが捜査を担当していた2人の警察関係者――次長の北村とその家族、そして、総一郎の家族が怪しいとにらんだ。両家の家の中に盗聴器とカメラを設置したいというエルの要望を呑んだ総一郎は、家族の無実を証明する為に部屋中の至るところへカメラを設置し、決して見落としのない状態で監視することを要求する。エルはせめてもの配慮として、総一郎の家の監視は、自分と総一郎のみで行うことも約束した。
 数日後、自分の部屋のドアに仕掛けておいた印から、何者かが中に侵入したと気付いたライトは、自分が監視されていることを察知する。すぐさま家を出たライトは、リュークに、部屋に監視カメラや盗聴器が仕掛けられている可能性が高いことを伝え、室内で好物のリンゴを食べたければ全てのカメラの位置を把握し、林檎を食べる死角を探すよう命じた。
 リュークの調査によると、ライトの部屋に設置されている監視カメラの数は64個。監視をかいくぐり疑惑を反らす為にライトが活用したのは、ポテトチップの袋であった。監視カメラの死角になる位置で、あらかじめ用意しておいたポテトチップの袋の中に小型テレビとデスノートの切れ端を忍ばせ、ポテトチップを取るフリをしながらリアルタイムのニュースで報道された犯罪者を裁くことに成功。かくして、ライトを監視中のエルと総一郎の元には、横領銀行員が心臓麻痺で急死したとの情報が伝わる。総一郎は、ライトへの“アリバイ”が証明されたことに胸をなで下ろした。

DEATH NOTE 1 DEATH NOTE 1
宮野真守、 他 (2006/12/21)
バップ
この商品の詳細を見る


ポテチで再び神・降臨(爆笑)

…デスノートに犯罪者の名前を次々に書き込んだシーンと同レベルでポテチですよ!
凄いんです、このストーリーも凄いんですが…BGMも以前のデスノートの時と同じで、スタッフの方々力入ってっていますね~
つか、ポテチの袋をあんなにダイナミックに開けるとは思ってもみなかったです、はい。
「このシーンが凄いんですよ!」というのはビシビシと伝わってきましたが…
此処もデスノートの名(迷?)場面ですね(笑)

とはいえ、「レイの不可解な行動+ナオミの失踪=レイが調べていた者達が怪しい」と追っていくLも流石。
ナオミの性格も含めての推理、バッチリ当たってますよ月…(苦笑)
まぁ、「キラは心臓麻痺以外でも殺せる」がバレなかったのであれが最良だったのでしょうが。

でもねぇ、ワタリがアイス作ってるって!(爆笑)
濃い緑色だから抹茶味かな?
夜神局長だけアイスが3段なのは何故?落ちそうで不安なんですが。
というか全員に配った後、ワタリも食べてますよ(笑)
そういえばOPでワタリが素顔になってましたが、あれって前からでしたっけ?

表向きは月の潔白が証明されましたが、このあっさりさと頭の良さから一気に月=キラ?疑惑を深めているであろうL。
今後二人の対面が楽しみですv
にしても月、¥39,800をあっさりゴミ箱に…あぁ勿体ない…(仕方がないけど)


次回、「接触」


↓公式サイトです。
http://www.ntv.co.jp/deathnote/




スポンサーサイト

管理者のみに表示する