2006-10-21 23:21 | カテゴリ:少年陰陽師
先日の内裏炎上で身を守る結界が壊れた彰子は、晴明により再び強固な結界を張ってもらった。
また昌浩は、その火事の原因を苦手な占いで探ろうとするも、その占いの意味がわからずやきもきしていた。
内裏の復興もなかなか進んでおらず、占いでは埒があかなくなった昌浩は、同じ妖怪である百鬼夜行に情報がないか訊きにいくが、そこで火事の時と同じ妖気を再び感じ――。

少年陰陽師 窮奇編 第1巻豪華 少年陰陽師 窮奇編 第1巻豪華
(2006/12/22)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


紅蓮カッコイイ~vv

というか昌浩、あの強大な力を持つ物の怪(…なのでしょうか?)に襲われた時、無意識に紅蓮の陰でしがみ付いてた!
…可愛いv(爆)
まだまだ未熟者だね、昌浩v

とはいえ、「主」に命を狙われる昌浩。
もっくん曰く、
「異形の者は見鬼の才に優れた者を恐れる。
 お前が成長する前に息の音を止めようとして来るかもしれない…
 清明はそう考えたんだろ。」
との事。

って事は、昌浩自身気付いてないだけで、ものすっごい潜在能力もってるんじゃないですか?!
いや~楽しみです。

紅蓮は紅蓮で、昔昌浩に救われた…みたいな過去があるみたいだし、この二人のこれから、楽しみですな。


↓公式サイトです。
http://www.seimeinomago.net/web/



スポンサーサイト

管理者のみに表示する