2006-07-11 01:07 | カテゴリ:未分類
暑いある日。別荘に行く事となった侑子たち4人とモコナ。
別荘に着くなり各自好きな所を見て廻ったりと楽しげな様子。
四月一日が自分の部屋へと行くと壁からなにやらカリカリと引っかくような音が聞こえてくる・・・。

xxxHOLiC 第一巻
xxxHOLiC 第一巻
大原さやか、 他 (2006/07/26)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


相変わらず…と言っていいのでしょうか?(苦笑)

夏休みと言う事で避暑を兼ねて別荘へ旅行の侑子さん、四月一日、百目鬼、ひまわりちゃん、モコナ。
当然のように侑子さんの荷物持ち+ひまわりちゃんと百目鬼がいい感じvな状況にうるさい四月一日です。

最初の謎の文字と声、てっきり再び不思議体験かと思いきや、ひまわりちゃん考案の「四月一日が百目鬼に『助けて下さい』と言うように仕組もう」作戦でした(笑)
海=アヤカシいっぱい、その為泳げない四月一日が可哀想だからとの事ですが、それにしても手が込みすぎじゃないですか?
「助けて」と言えば一日限定で大丈夫って…ホントかなぁ?
というか、モコナよく頑張ったね(笑)

とか思ってたら、活けてあった青い花は知らないと言う一同。
ラストに現れた青いドレスの女性に吃驚。
…ホントにいたんだ。
まぁ、侑子さんは最初から知ってたかもしれませんが(苦笑)


次回、「ヘンボウ」

夏休みも終わり普段の学校生活に戻った四月一日は、美術の授業でひまわりと一緒に絵を描いてデレデレな様子。
そんな中、同様に近くで絵を描いている1人の女の子が目に留まる。
ひまわりが言うには、彼女はとても優しいと評判らしいとのこと。
しかし、次に彼女とあった時の印象の変化に違和感をおぼえた四月一日は・・・。


↓「xxxHOLiC」公式サイトです。
http://www.tbs.co.jp/holic/



スポンサーサイト

管理者のみに表示する