2006-07-04 00:18 | カテゴリ:ゼーガペイン
偵察任務中、体調不良に苦しみ、初めて死への恐怖をクリスに告げるアーク。同じ頃キョウは、アークのウェットダメージが深刻で余命幾許もないことを知ってショックを受ける。そんなキョウとシズノに、シマは「思い出作り」のために再び舞浜へ降りるクリス&アークと同行するように命じる。実はシズノとアークは親友なのだ。
ダブルデートのスナップ撮影をキョウから頼まれ、しぶしぶ引き受けるリョーコ。ところが、ダブルデートはリョーコの予想に反してシズノ&アーク、キョウ&クリスの組み合わせで展開。
途中、ペットショップで1匹の子犬を買い、ピエタと名付けるアーク。シズノ&アークは楽しげに語らい、見守るクリスも笑顔で、苦悩の片鱗も感じられない。そんな三人の姿に違和感を覚えたキョウが、クリスに自分の気持ちを告げると、「何かやってないと不安なのさ、俺もアークも…」その時、キョウ達四人に出撃命令が下る。

ゼーガペイン1
ゼーガペイン1
山下明彦、関島眞頼 他 (2006/07/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


アーク~~~!!(叫)

随分前からヤバイ感じはひしひしとしていたし、前回からも覚悟はしていましたが…やっぱ悲しかったです。
アークとシズノとは長い付き合いのようで、パリの頃の話に花を咲かす様子は、すごく楽しそうで。
そんな二人の時間をつくって、暖かく見守っているクリスもまた良かったです。

アークの存在があったことで、彼らが幻体――データであり、またデータが損失すれば死もあるという事実が、自然に理解していけました。
また、キョウの置かれた状況も。
記憶を欠損し、シズノとの関係を失ってしまって。
現在はリョーコに好意を寄せているキョウ。
シズノは、一人立ち尽くしている…のでしょうか?アークとの会話で、内面の描写が多少なりともあったのですが、自分からキョウに過去を教えるつもりはないようです。

ラスト、リョーコへの気持ちを自覚したキョウが見たのは、額にセレブアイコンを浮かべたリョーコ。
いよいよ、リョーコがセレブラントとして目覚めるのかな?
そして、「たち」って事は他にも…ハヤセとかも、でしょうか?

にしても、水槽のようなところから目覚める(?)描写のアビスとシン。
一体彼らが、ガルズオルムが何を企んでいるのか、目的が何なのか、彼らは何者なのか…
未だに分かりませんね。


次回、「目覚める者たち」


↓「ゼーガペイン」公式サイト
http://www.zegapain.net/top.html



スポンサーサイト

管理者のみに表示する