2006-06-21 01:07 | カテゴリ:Simoun
宮国の陸軍部隊を護送することになったコール・テンペスト。
ずかずかとメッシスに乗り込んでくる兵士たちに戸惑う一同だが、フロエだけは楽しそうにしている。
やがて一人の兵士とフロエの間に感情が芽生えはじめた……。

Simoun (シムーン) 1
Simoun (シムーン) 1
西田亜沙子 (2006/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


ロードレアモンの髪がショートに?!…前回、一体何があったんでしょう?

今回は、フロエとある兵士の話。
という具体性のあるエピソードで、シムーン・シヴュラの「巫女」と「兵士」の両方を描いた話でした。

巫女として祈りを捧げ、テンプスパティウムに仕える一面。
兵士として敵を殲滅して、悪魔とも言われる一面。
どちらも現在のシムーン・シヴュラであり、真っ直ぐというか子供っぽいというか、純真なフロエだからこそその両面がはっきりと示されていました。

「シムーンは悪魔だ」と恐れを抱くマスティフですが、そんな彼に隊長が一喝した言葉。
「これ以上あんな子供たちに戦争をさせるんじゃない!これはな、オレたちの戦争なんだ!!」
この言葉を彼がどう捉えたかは分かりませんが、確かにそうなんですよね。

もともと、死者を悼み神への信仰を、祈りを捧げる為のシムーン、そしてシムーン・シヴュラ。
それなのに、国を守る為に戦場へと送り、戦争の兵器としたのは国の責任者達であり。
彼女達の迷い、悩み、困惑、それらは決して彼女達が望んでなった状況ではないんですよね。
今後、彼女達が向かう先は一体何処なのか、先が見えないです。

気になったのは、情報が漏れていたこと。
スパイがいるんでしょうが、一体誰?ドミヌーラは…どうだろう?微妙かなぁ。

というか実は、仲良くなったマスティフですが、てっきり敵に撃たれるかして死ぬのかと思ったので、ちょっと意外でした。(苦笑)


次回、「姉と妹」

ドミヌーラの提案で、アルティとカイムがパルを組むことになる。
アーエル・ネヴィリルと共に試験飛行中、2組のシムーンは偶然にも敵艦を発見する。
カイムと共に成果を挙げたいアルティは、偵察しようと言いはじめるが……。


↓公式サイトです。
http://www.simoun.tv/




スポンサーサイト

管理者のみに表示する