2006-06-15 23:43 | カテゴリ:ゼーガペイン
期末試験---なぜかサービス問題の1問だけ解答が思い出せないものの、無事にクリアするキョウ。リョーコとの関係もほぼ旧に復し、ホッと安堵する。
オケアノスでは、大規模な作戦を決行するか否かの議論が交わされていた。キョウが「フィジカルデーターは前バージョンと同等にまで回復していて、身体的には優秀なガンナー」である事を知り、作戦敢行を決意するシマ。
一方、舞浜サーバーでは、ハヤセ&ウシオがキョウと和解して水泳部に入部。水泳部復活へ大きく前進し、喜びを隠せないキョウ。公私ともに快調のキョウは、作戦への参加を快諾。ただし交換条件として、水泳部の廃部の1ヶ月間延期をシマに願い出る。
すると、クリス&アークも「俺たちにも条件があるんだが」と言い出し、「思い出を作り直す」ために舞浜サーバーへ降り立つ。そんな2人とカフェで語らうキョウは、数々の衝撃の事実を知らされる。

ゼーガペイン1
ゼーガペイン1
山下明彦、関島眞頼 他 (2006/07/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


「幻体」である彼ら。にもある、死、消滅。
セレブラントがエンタングルする度、個々に異なる部分、つまり『記憶』が欠落する事、そして、その蓄積、大きさによる影響で人格そのものまで変わってしまう事。
今のキョウが、まさにその結果の人格だという事も。

クリスとアーク、この二人もまた無くなってしまった記憶を再び作るために、一緒に過ごしていて。
アークのダメージといい、これから先が不安です…

今回、気になった事。
キョウが水泳部の存続を交換条件にした時のシズノと司令の会話ですが、残酷ってどういう意味?
というか、サーバーのデータに過ぎない彼らですし、成長する可能性は低いような気がします。
だとすると、次回のサブタイトルが「また、夏が来る」ですし、「時間が同じ所を繰り返す」可能性も。
まだまだ、気になる事が沢山ですね。


次回、「また、夏が来る」


↓「ゼーガペイン」公式サイト
http://www.zegapain.net/top.html



スポンサーサイト

管理者のみに表示する