2006-05-29 22:44 | カテゴリ:ゼーガペイン
数々の苛酷な体験を経て強い虚無感に襲われたキョウは、生きている実感を求めて現実と虚構のはざまで必死にあがいていた。
シマはルーシェンの進言を聞き入れ、そんなキョウが以後の戦力になるか否かを判断するべく試練を与える。現実をしっかりと受け止めさせるため、メイウーとペアを組ませてゼーガペイン・アルティールで現実世界の舞浜サーバーへと向かわせたのだ。
廃墟の高層ビルの地下でキョウが目撃したのは、小さなメモリーユニット。それが自分達の暮らす舞浜サーバーだと知らされたキョウは激しく動揺し、メイウーを残してサーバー内の仮想世界へ戻ってしまう。

ゼーガペイン1
ゼーガペイン1
山下明彦、関島眞頼 他 (2006/07/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


キョウへの試練を与えられた今回。
香港サーバーの一件で、メイウーに言った言葉をそっくり返されるキョウ。
その事実の痛みにショックをうけるが、更に「見なければならないものがある」と送られる。
そこにあったのは、「舞浜サーバー」
キョウが「現実」だと思ってた、ちっぽけなデータの塊。

一度逃げ出すキョウですが、戻ったデータの世界でもう一度立ち直って。
人を愛するクラシゲ。
キョウを心配するリョーコ。
「もう一度泳ぎたい」と言ったハヤセ。
叩かれれば痛みがある。自分も相手も、此処にいる。自分達は生きているんだ!
そう言って、再びオケアノスに戻ったキョウ。
メイウーへ謝罪し、敵を一掃した様子は、大分強くなったようです。
他のセレブラント達との関係も、修復できた様子。

ですが、「まだ受け止めただけ。」と言ったシズノに同意するシマ。
まだまだ知らなければ(思い出さなければ?)ならない事がありそうです。

今回ラブラブだったアーク。
前回の苦しむ様子や、戦闘中でのココロここにあらずなど、ダメージが溜まっているようです。
彼女に何か起こったとき、また物語は動くのでしょうか。


次回、「ウエットダメージ」


↓「ゼーガペイン」公式サイト
http://www.zegapain.net/top.html



スポンサーサイト

管理者のみに表示する