2006-05-08 22:42 | カテゴリ:ゼーガペイン
いや…ホントにあの世界が現実だったとは…
というか、闘っている世界が現実で、学校生活は虚構って事でした。
「どちらかが現実なら、もう一方は必ず虚構なのよ。」

そして、リアルの人物と、存在しない人物(データか、プログラムか…は分かりませんが)がいるような事。
今まで声だけしか登場しなかった、キョウの母がこういう意味だったとは…

今回、キョウが受けていた授業の内容。
量子なんとか~とか(爆)
そして、リョーコが感じたデジャビュ。
と言う事は、舞浜が破壊されて、人々の意識のデータを保存している世界が「学校」って事?

そして戦闘後、現れた新たな敵。
人間のような存在。
「アビス……!」
そう呟くシズノ。
うわ~強そうですねぇ。


次回、「幻体」


↓「ゼーガペイン」公式サイト
http://www.zegapain.net/top.html



スポンサーサイト

管理者のみに表示する