2006-04-22 22:25 | カテゴリ:BLOOD+
「シフは敵ではない」と話すカイに対し、翼手全てを倒すことが自分の役目、生きていく目的だと自覚する小夜。
小夜はカイに距離感を感じていた。
一方、ジュリアは、リクのDNAに地球上の生物ではありえない第5の塩基を発見する。


動きました!
誰がというより、話が。

小夜達、シフ、そして逃避行コンビ(笑)
3つの組が一堂に会した28話。


それでは感想、行きます!





●小夜
自分がディーヴァを解放したせいで、多くの人が死んでいる。
その義務感から「翼手を狩る」と固く誓っている今、翼手であるシフを庇うカイとの距離が開いてしまうのは必然でしょうか?
でも、久しぶりにまともに面と向かっての会話、とても良かったです。
シフと戦っていたとき高速移動(?)もして、戦闘も本格的になってきていいですね。

●カイ
今までひたすら突き落とされてた分の挽回でしょうか?(笑)
小夜も、リクも変わっていく中、自分は変わらずに「家族」でいつづけると宣言!
イレーヌの事もただただ助けたい一心で叫ぶ様子が、なんかカッコよかったなぁ。
でも、イレーヌを庇ったのに、シフの皆に吹っ飛ばされて…痛そ。

●岡村さん&真央
とうとうぶち当たりましたよ!
意外とフツーに再会した…と思ったら、前後に挟まれてオタオタする岡村さん。
というか、やっぱり真央はカイに掴みかかりましたね~(笑)
その後「赤い盾」に拘束された二人。
お互いの持ち札をチラつかせて、さぁどうする?

●シフ
体にソーンが現れ、急激に衰弱していくイレーヌ。
「私達、誰かの思い出になれるかな…」
カイは認めてくれた、カイに会えてよかったと言って。
カルマン達は、もう時間がないと小夜を狙い再び「赤い盾」を襲撃。
(岡村さんと真央も巻き添え(滝汗))
にしてもラスト、カイの叫びに驚く彼ら。
この後、どうなるんでしょう?
というか、イレーヌ死なないで~!!

●真央とカイ
今まで、ただただカイを追いかけてきた真央ですが、今回「赤い盾」の戦闘に巻き込まれ、カイも銃を手にしているのを見て、愕然とした事でしょうね。
ココまで頭を突っ込んでしまい、もう後戻りは出来ない…のかな?
彼女の今後が心配です。

●その他
・ルイス
 「5000万でいいのか?」って…(汗)
 真央が恐がる(?)のも分かるなぁ。
・ジュリア
 ホント、最近ジュリアさんが遠くなっています。
 小夜やデヴィットさん達と別行動で研究に没頭している様子で、「コリンズ側」の人間って感が強いです。
 にしても「D塩基」って…?
・リク
 何ですかあのコスプレ!(違)
 ジョエルの幼少時の服らしいですが、可愛いなぁv
 マジで最近、リクが癒しキャラになってますね。
 今回はシフに体当たりして、前回よりもパワーアップ!
・ハジ
 何が出来るのかと悩むリクに、小夜の傍にいる事だと答えるハジ。
 ってハジは?!
 翼手としての何か理由があるのか、それとも小夜との「約束」に関係あるのか?
 あの台詞のあとが気になります。


次回、「呪われた血」
イレーヌっ!!(悲鳴)
お願いだから死なないで!
というか、小夜が持っていた血晶ってまさか…(脅)
スポンサーサイト

管理者のみに表示する