2015-12-26 02:30 | カテゴリ:蒼穹のファフナー EXODUS
 
今更なにを、とも思うんですが、どうにもじっとしていられず。



11年前、アニメ雑誌に載っていた宣伝画?から見始めた、ファフナー。
当時高校生でアニメ初心者だった朧にとって、色んな意味で衝撃的だった作品です。
何度感動し、泣かされ、叫んだことか。

その翌年のROL。
2010年のHAE。

いつもいつも、こちらの期待を超えてくるその作品の熱量に圧倒されてばっかりでした。

で。
2015年のEXODUS。

本当に凄いものが目の前に示された。
毎週毎週、全力でファフナーにぶつかっていった、そんな感覚でした。
どこまでいくのか。
どこまで魅せてくれるのか。
一体ファフナーはどこまで凄いものとなるのか。
そんなこちらの期待を遥かに超えてくる一話一話に、ただただ必死に食らいついていくような気分でした。

蒼穹のファフナー。
本当に、本当に大好きな作品です。
ずっとずっとファンでした。
たくさんファフナーに振り回され、胃を痛められw、戦々恐々とさせられながらも、それでも逃げたくないと思うほどに作品の力や彼らの生き様に強く強く魅せられました。
それを、こうしてリアルタイムで多くの人々と共有して過ごせた幸せ。
こんなに濃密で、面白くて、充実した2015年。
一生忘れられない年になりそうです。


制作にかかわったすべての方への感謝。
ツイッター等でやりとりさせて頂いた皆さんへの感謝。

本当にありがとうございます。


最終話「竜宮島」

彼らの家であり、コミュニティであり、守る場所であり、楽園であり。
そんな「互いを理解し合うための場所」。

この30分に満たない時間で、彼らの物語の結末が一体どうなるのか。
もう、ただただ、覚悟を決めてその「終わり」を見届けたいと思います。

放送まで、あと15分。
どうか一人でも多くの人々が、笑顔でいてくれますように…


2015年12月26日 2:30 朧



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://oboro4110.blog34.fc2.com/tb.php/1580-94e35306