2015-09-02 23:56 | カテゴリ:蒼穹のファフナー EXODUS
 
行ってきました!竜宮島!

蒼穹のファフナーの舞台である竜宮島。
そのモデルとなった尾道をはじめとした各地を巡る旅。
長年の夢だったリアル竜宮島への旅です。

街中を巡る階段や坂、古き良きノスタルジックな町並み。
特徴的な建物、家、景色…人が暮らしている生きた街の息吹。
モデルの場所のみならず、空も海も山もとても素敵で、やっぱり暑くても夏に行って良かった!と心から思いました。
瀬戸内の夏の風景、ホントに素敵ですね。

まあ、ひたすらに階段・坂・階段なので、日頃から超インドア派な朧にとっては体力的にキツかったですがw
精神的にはとてもとても癒された2日間でした。


以下、撮ってきた画像まとめです。


 
 
【尾道】

●尾道駅
DSC00169 0821●鮒 尾道駅尾道水道側の尾道駅ですね。
バスターミナルや渡船など、主要交通はこちら側に集約されています。
新宿からの長距離バスの停留所もあって吃驚したw
DSC00635.jpg
山側の改札はまた味がある感じ。

●山側の町並み
DSC00607 0823●ホテル近くの歩道から。
ヴァッフェラーデンの街並みに見える家々も、逆サイドから確認できます。

●向島
DSC00174 0821●鮒 ホテルから向島
DSC00175 0821●鮒 尾道水道の景色。ホテルの部屋は尾道水道側をとったので、部屋からも向島が良く見えました。
夜になっても向島ドッグの照明が明るかったです。
※朧の写真撮影の下手さについてはご了承ください

●真壁家
DSC00717 ● 
ここが一騎の暮らす家…!
本当に階段の道沿いで、そこに上手く建てられているのが凄かったですねえ。
個人宅ですが、この家の前から水道側を見下ろした景色が尾道の宣伝写真にも使われたりしているので、観光的にも有名なビュースポットみたいです。
見て回っている時も、観光の方が日本人・外国人問わず景色の写真をとっていましたし。
そういえば、DASH!でお台所を流しそうめんが通り抜けたのもこのお家でしたねw
思わず\(◎o◎)/!となりましたがwww
場所は千光寺新道の途中ですが、個人宅なのでご注意ください。

DSC00733 0823●一騎目線。
DSC00729 0823●総士目線。
DSC00735 ●ツボではなかったけど石の置物はあったり。

●線路下の真矢と翔子
DSC00707 0823●
「うち二名の生存を確認」
一期のフェストゥム初襲来時の、戦闘後の二人がいた場所。
場所は、真壁家からまっすぐ尾道水道側(線路側)に下っていくとあります。

●総士階段(広登芹階段)
DSC00223 ●正面、商店街から。
DSC00980 ●
DSC00677 0822●階段上から。
作品内では電車はないのでそこは違いますが、一期1話で島に帰ってきた総士が登ったり、EXODUSのOPで広登と芹ちゃんが番組撮影していたりしている所ですね。
場所は 持光寺へ続く参道の踏切。

●ヴァッフェラーデンが起動する町並み
DSC00642 0822●
DSC00189 0821●「ヴァッフェラーデン起動!」
の台詞が脳内再生余裕すぎましたwそっくりそのまま!
場所は、商店街から持光寺へ続く歩道橋の上。真ん中辺りが撮影ポイントです。

●将陵家の前の階段
DSC00646 0822●
DSC00191 0821●将陵家前(夜) 幼少期の僚先輩の写真から。EXODUS初出の場所ですね。階段が特徴的なのですぐ分かります。
場所は、ヴァッフェラーデンの歩道橋を渡って正面すぐ。
DSC00645 0822● DSC00202 0821● 
因みに階段前の家は…解体中でした( ノД`)

●遠見家
DSC00662 0822●
DSC00197 0821● 
崖っぷちに立つのがそのまんまですね。
尾道は急峻な坂が多いので、見ると「おお…」となるほど崖っぷちの家の数々に圧倒されます。
場所は、将陵家の前の階段左側の道を上った先です。

DSC00658.jpg
因みに、遠見家前で遭遇したにゃんこ。
本当に尾道ってにゃんこが多いですね…
この子は警戒心持たれて一定の距離から見つめ合い状態だったんですが、全然逃げない子もいたりして、猫好きの石井さんにとっては楽園なんだろうなーとほのぼのしていましたw

●ガウディハウス
DSC00620 0822●
右下の階段を上るときに、ご近所の方とお会いしてちょこっとお話し聞けたり。ありがとうございます。
このお家に住んでいたお婆さんは、今は別の所にお住まいらしいです。
確かに、この階段は危ないだろうな…としみじみ思いましたw
DSC00613 0822●
その、階段下側からの図。
これを建てたなんてホント凄いですね…
最近はたまに風通しに来るくらいだそうで、建物の中は見れず…残念。

●HAE冒頭のお地蔵さん
DSC00697 0823●偶然見つけた幸運。
他のお寺でも6体のお地蔵さんはあちこち見られましたが、左手前にある水道や壁の様子などからして、ここがモデルだったんだろうなと。
場所は、光明寺正面の参道。お寺の少し手前です。

●山の上からの町並み
DSC00804 ●
DSC00798 ●
千光寺山の展望台から、尾道・向島を一望。
お天気にも恵まれたので本当に綺麗な景色でした。
空の蒼さと海の碧さと木々の青さが美しいです。

●渡船
DSC00900 ●
DSC00947 ●
尾道を向島から見たい!と、尾道渡船に。
乗船時間が5分もないような、尾道でも最短の渡船ですが、車もバイクも自転車も人も当たり前に乗っていて…本当に船が日常の「足」なんだなあと。

●尾道市街(向島から)
DSC00920 ●
DSC00922 ●
DSC00927 ●


【鞆の浦】

●常夜燈のある港の風景
DSC00360.jpg常夜燈のある、港の風景。
本当に、絵になりますね~古き良き港町!って感じです。

●常夜燈
DSC00274 0822●常夜燈 「傷を負った~」
※一騎@旦那様

●常夜燈(一騎がいた足元)
DSC00295 0822●OP 一騎が座っていた所。

●OPの手
DSC00299 0822●手のアップ。
(海面が階段の下の方だったので、代わりに撮ってもらいましたw)

DSC00272 0822●HAE HAE冒頭の商店街…に似てるような?

DSC00312 0822●医王寺 医王寺(境内)からの鞆の浦の景色。

DSC00320 0822● 医王寺の更に山の上にある、太子殿から。

DSC00319.jpg医王寺のお墓。
海側に向けて、階段状になっているお墓。
鞆の浦といい尾道といいどこも急勾配です。

DSC00334 0822●とにかく大小様々な船が多数。流石は港町。
総士が乗っていた船は、もう少し大きかったような…

DSC00328 0822●水鏡家に似ている?と思ったけど、そうでもないか。

DSC00349.jpg唐突に表れたニヒト(仮)
他にもにゃんこ触り放題で、めっちゃ癒されまくりました(*^▽^*)

●仙酔島
DSC00365 0822●「平成いろは丸」という坂本龍馬ゆかりの船で、いざ、例の浜辺へ!
DSC00261 0822●仙酔島 景色も綺麗でした。
DSC00416 0822●船着き場 仙酔島の船着き場すぐの浜辺。
DSC00387 0822● 「何の為に生まれてきたか気付かせてくれる島」…ファフナー?
DSC00406.jpg途中の海岸。
DSC00391 0822● 田ノ浦。
DSC00407 0822●カニ「おてて…のせるだったのに…!」
DSC00410 0822●彦浦。
時間があれば泳ぎたかったなあ…。
彦浦は海岸沿いをしばらく行った先なので、ほとんど人もいなくて贅沢感満載ですねー。


【福山】

●喫茶「楽園」
DSC00429 0822●「楽園」のモデルとなった建物。
某会社さんのガレージのようです。(撮影許可済)
DSC00435 ● DSC00437 ●
DSC00458 0822● DSC00452 0822●
ドアは無くても外灯はあったり。
道路と家々の間に水路があるので、一軒一軒橋が架かっていました。
場所は福山市内、後述の学校や神社の近く、とだけ。
水路があるのでそこから目測つけてからのストリートビューで分かるかと思います。

●竜宮島学園
DSC00475 0822●EXODUSでは「竜宮島学園」になって、史彦さんが学園長になっている学校。
階段の所の丸い窓が特徴的です。
DSC00478 0822●伏字 DSC00484 0822●
楠も移植されて校庭に。EXODUSのOPでは総士がまた手をついていましたもんね。
場所は、神社近くの学校…とだけ。

●西尾商店
DSC00470 0822●西尾商店伏字
DSC00472 0822●西尾商店(ななめ)伏字
HAE上映版では看板の右側が同じようにコカコーラになっていたっけ。
場所は、学校のすぐ近く。

●鈴村神社
DSC00489 0822●芹ちゃん家。
DSC00487 0822●参道の所はそっくりそのまま。
DSC00500 0822●ゆきっぺに島出を吹き込まれた場所。
DSC00495.jpg羽原姓は福山にとても多いらしいです(監督談)
場所は、蔵王八幡神社。


【瀬戸田】

タイミングよく灯篭流しのお祭りと予定が合ったので、瀬戸田にも行ってきました。
DSC00528.jpg
明るい時間の瀬戸田港。
対岸の奥側から左手に向けて流れることになっています。
DSC00535 0822●
金魚すくい。HAEの剣司と咲良のお祭りデートを思い出したよね。
DSC00543 0822●
日暮れの、青と橙と紫と…なんとも言えない綺麗な空模様。
DSC00548 0822●
DSC00547 0822●
DSC00551.jpg
灯篭船。お祭りの最後にはこの船が爆発炎上するという何気に過激なお祭りですw
DSC00560.jpgまだ明るい時間から流れ始めた灯篭。
DSC00566 0822●時間がたつにつれ、暗くなっていく空。
DSC00571 0822●この辺りの時間帯は特に美しかった。
DSC00585 0822●すっかり日も沈んで、灯篭の灯が浮かび上がる。
DSC00597 0822●潮の流れは問題なかったけど風が悪かったらしく、結構こちら岸まで流されてきてしまう灯篭が。灯も消えていしまっている物も多かったです。
DSC00591 0822●浮かぶ灯篭。


【その他】

DSC00612.jpg尾道は、とにかくスクーターでした。

DSC00233 0822● 中西P一押しwのパン屋航路。
DSC00959.jpg DSC00961.jpg DSC00960.jpg
DSC00962.jpg DSC00957 ●
ホテルは朝食無しにして、パン屋航路のパンで朝ごはん。
焼きたてが多くて、どれもおいしかったです(*^▽^*)。

DSC00239 0822● 
バーの店頭にあった張り紙。
織姫ちゃんが飲んでたジュースに似てて、思わず入店&注文。
DSC00993 ●
さっぱりしていて飲みやすかったです。

DSC00827 ●
DSC00825.jpg
展望台から千光寺へと続く参道?の途中にある、文学の小道にて。
志賀直哉の「暗夜行路」。

DSC00839 ●
千光寺の…大師堂?
崖っぷちっぷり半端ないです。

DSC00949 ●今回は予定が合わず。

DSC00954 ●
商店街内のお店の店頭にあったチョークアート。
実物の繊細なニュアンスが儚くて綺麗でした。


2泊3日の今回の旅行。
1日目は宮島に行っていたので実質丸二日程度ですが、目一杯「竜宮島」巡りを堪能できました\(*^▽^*)/
真夏の炎天下での尾道は、体力的にはキツかったですがwでもそれ以上に瀬戸内の景色や空気に癒されて、ファフナーの舞台としても、観光としてもとても大満足です。
今回は予定を組んで巡ったので、機会があれば今度は尾道の街中ぶらり旅~なんて出来たら楽しそうだなーと思っています。
聖地情報を教えて下さったみなさん、本当にありがとうございました。


ではでは。
EXODUS後半クールまであと30日…心して待ちたいと思います((((;゜Д゜)))


スポンサーサイト

管理者のみに表示する