2015-02-22 01:26 | カテゴリ:蒼穹のファフナー EXODUS
 
能戸総監督
サブタイ全赤字の7話が始まる。戦闘率99%

羽原監督
ぜひヘッドフォンで、普段より少し大きめの音量で楽しんでくださいね♪


と放送前から戦々恐々とする情報が流れた、
ファフナーEXODUS第7話「新次元戦闘

もうね…もう…凄すぎた…
ただただ圧倒的な戦闘の恐怖が凄まじい…
まさに能戸総監督のおっしゃる通り、どこもかしこも「戦い」しかなかった第7話でした…

ちょっともう…一体なにを書けばいいのかすら分かんなくなっていますが、とりあえずは書く…書けばなにか出てくるはず…(・_・;)




以下、ネタバレです。




 

●美羽ちゃんと弓子さん

美羽ちゃあああああん?!?!((((;゜Д゜)))
となっていたら、
ゆゆゆゆ弓子さん―――――?!?!?!( ●Д●)

デルフィネ型が襲撃・ホテル破壊
→美羽ちゃんは「緑の光シールド」(第1話完全長尺版での、エメリーちゃんのと同じもの?)で守られて怪我なし
→美羽ちゃんが見上げたがれきの中に「薬指に指輪をはめた左手」=弓子さん?※血だまりあり
→美羽ちゃん手を伸ばし「ママ…」
→上空(それとも世界樹?)から緑の光が降ってくる
→光が弓子の手に降りる
→光が美羽の元へ
→発光
→真矢合流
→眠ったor気絶した美羽ちゃんをお姫様抱っこする「弓子さん」
 ※指輪なし・服も目立った血痕なし
→弓子?「眠っているわ。今はまだ力を受け入れるだけで精一杯だから…
→真矢「お姉ちゃん…?」

アバンでいきなり「え…( ●Д●)」状態…
弓子さんは安全枠じゃなかったの?!
「美羽が願う物全て守りなさい」
って織姫(未)ちゃんも言ってたし。
「弓子が美羽を理解していくことは、前世代との決別と新世代の萌芽を意味します」
ってうぶちんインタもあったし。
これからの役目がしっかりあるキャラだから、完全に安全枠のつもりでいたんだよ…?なのに…なのに…!
な に こ れ ((((;゜Д゜)))

弓子さんに一体何が起きたのか?
キッツイですが…(泣)冷静に冷酷に書くと、弓子さん圧死→「美羽の願いにどこかのミール?(世界樹とか?)が反応」or「美羽への影響を目的としてどこかの(以下同文)が利用しようとした」→コア(ミールの欠片)が弓子の遺体へ→肉体再生→復活、ってこと…?
真矢への返事が弓子さんらしくない台詞で、もう中身は「弓子さんじゃない」んだろうと思えて恐ろしくてしょうがないんですが((((;゜Д゜)))
前もってあからさまに指輪がフィーチャーされていましたけど、でもこういう演出はいらなかった…!・゚・(ノД`;)・゚・
っていうか、今後の物語に関わってきそうないろんなことが保留のままとんでもないことになっている…そもそもあの指輪は何?とか、美羽ちゃんへの理解についてとか、弓子さんがいなくなってしまったら…ヤバいんじゃ。

弓子は、HAEのときから「美羽の異常性あるいは異能性」については徹底して否定的だったんですよね。
それは勿論、特別な力を持っているということが美羽ちゃんを危険な目にあわせるだろうからという、守る為の行動で。
結果、銃を持ち出して史彦さんを撃ったりしていて、弓子さんへの賛否分かれる反応になるワケですが、あくまで弓子さんは「美羽ちゃんの母親」。
だからこそ美羽ちゃんの持つ力に対しては、不安と恐怖と悲嘆を抱いていたはず… な の に 。
EXODUSになってから、世界中の人々が、人の為・コミュニティの為・人類の為…多くの為に自らを犠牲とすることを受け入れているような世界観の中で、その正反対となる「身内だけは守ろうとするエゴ」を体現する重要なキャラである弓子さんがここでこんな事になるのは完全に予想外で…一体どうなってしまうの?!

ほんのり、真矢が何か雰囲気違う様子に違和感感じていそうなのが、それもまたイヤなフラグにならなければいいのですが…
あの「弓子さん」が誰かに向けて銃を撃つor撃とうとする、とか…
そんな「弓子さん」を真矢が撃つ…とかさあ……orz
同胞殺しの文字が怖い…((((;゜Д゜)))

あと、ここにきて「みんないなくなればいいのに」が美羽ちゃんである可能性が急上昇中…((((;゜Д゜)))


●竜宮島VSアザゼル型「ウォーカー」配下のフェストゥム

凄かった…この戦闘本当に凄まじかった…
演出も音響もカットも演技もクオリティ凄かったし、エグイし怖いし痛いし気味悪いし辛くて凄かった…

つーか、ウォーカーさん配下のフェウトゥムがあまりにも的確に一機ずつ潰していくのが恐ろしくてしょうがなかった。
今までの常識…どころか前回の戦闘すら通じなくなるって、進化・学習の速度が速すぎる。
手を変え攻撃を変え、巧みに「戦術を練って戦闘をしかけてきている」様があまりにも…人間的というか知能的で、はっきりとファフナーを「倒すため」「無力化するため」「殺すため」に「攻撃」をしてくるのが、本当に怖くてしょうがない…

彼らはもう、ファフナーの唯一にして絶対の進化の道たる「同化」が目的では無くなっているのかな?そうとしか思えない…ファフナーを戦闘不能にするための攻撃はするのに、同化はして来なかったもん。


●アルヴィス ノートゥング・モデルの「新次元戦闘」

新次元戦闘ってこっちのことか!となった。
島に齎された、織姫(未)ちゃん曰く島の人々が望んだ「新たな力」

ファフナーのフェストゥム化が凄まじい。

なに?なんなのこの恐ろしい力は…((((;゜Д゜)))
どの機体も、明らかに「フェストゥムの力」を使っているよ…?

・芹ちゃん
【台詞】「乙姫ちゃんの島を守る!」兵士なんだよなあ…芹ちゃん…
【願い】もっと戦いたい?
【結果】蘇生?再起動
【フェストゥム的な力】ワームスフィア(ショットガンホーン)

・里奈ちゃん
【台詞】「一騎先輩みたい…」じゃないよ里奈ちゃん!
【願い】フェストゥムに効く攻撃を求める?
【結果】ザイン砲習得
【フェストゥム的な力】武器同化で超強力火力(ノインと共に)

・零央くん
【台詞】「もっと早く」
【願い】もっと早く動きたい
【結果】高速(瞬間?)移動
【フェストゥム的な力】ワームホールで出現/消える

・彗くん
【台詞】「誰か…武器を…」
【願い】武器が欲しい
【結果】結晶→武器ゲット
【フェストゥム的な力】武器生成(厳密には転送)

・美三香
【台詞】無
【願い】無?
【結果】バリア攻撃(遠隔で)、バリアが緑色に
【フェストゥム的な力】バリア閉じ込め+ねじり攻撃

どれも、パイロットの「望み」を叶える「力」だったよね…
でも、どれもこれも恐ろしくてどうしようもなかった。
敵に追い込まれる→新たな力が目覚める→反撃、ってロボ物でいえば「燃える展開」のはずなのに、「いやあああああああもう止めてえええええ!!!」ってなった…((((;゜Д゜)))
絶対にこれ代償ある。無いはずがない。ファフナーだもん。

それと…芹ちゃんさあ…あれって一度完全に死亡してない?((((;゜Д゜)))
大けがですんでいたとしても異常ではあるけど、でもあの剣司が完全にブラックアウトするって相当だよね…なんか一回死んでいたんじゃないかってなる…
つーか、ピンポイントでツヴォルフ立ち姿のシーンで、よりによってイグジスト2番の「体はすり減った」って歌詞が来るのって…スタッフ狙ってきた?((((;゜Д゜)))

里奈ちゃんの咄嗟に出た「剣司先輩…」の理由は?
①システム搭乗者だから
②たよりになる先輩だから
③HAEで助けてくれた(二度)から
④好きな人だから(無意識)
⑤好きな人だから(意識)
さあ、主な理由はどれた!←




●織姫(未)ちゃん

「立ちなさい、芹」

まさに女王様だった…
というか、起きてすぐの戦闘でいきなりノルンを飛ばして、しかもあの数って…凄まじい量だ。
ウルドの泉から発生したあのミールの柱的なものといい、金色の目といい、同じフェストゥムとしての「能力」でも、織姫(未)ちゃんは戦う方向の力っぽい。
織姫ちゃんもまた、「戦う事しかできない」キャラクターってことなのかなあ?
他の可能性を見てみたいんですが。

そういえば、サントラ1の曲名バレきていましたが「ORIHIME」って曲があったので「おりひめ」ちゃんでFA?


●剣司inジークフリード・システム

頑張った…剣司めっちゃ頑張った。
彗くん命令きいてくれてなかったけど、今回はむしろ敵が強かった。
中々キツイ戦闘だったもんなあ。

芹ちゃんの痛みフィードバックとか、あれマジで「死ぬ痛み」だっただろうし…
誰も彼もが機体をやられて、その全員分の痛みを剣司はクロッシングしていたワケだし。
是非パルス療法受けてね…

でも、あれに総士は乗ってたんだよなあ。
総士の場合フェンリルした翔子もあったし…真顔になるよね。
一期の17話では鎮痛剤のことに言及されていたしその後もフラッシュバックに苦しむシーンあったけどさ、改めて総士ホントきつかったんだろうな…ってなる。


●咲良・カノン

今は、戦いを「サポートする」しか出来ない、元パイロットの二人。
出番はちょこっとだったけど、その僅かな出番でもそれぞれの想いがこれでもか!って描かれていた。
咲良は体があんなになってるのに「とにかく出して!」ってブルクまで来ちゃうし、カノンも「ザインが…目覚めた…」のあのセリフに込められた感慨と悲嘆と恐怖がありありと感じられたし…うん、誰もが主人公だよなあ。


●ザイン&ニヒト

コックピット乗り込み→起動開始→起動成功→機体が戦場に降り立った!の第7話。
一騎も総士もまさに「命を使って」「命を削って」搭乗しているのが痛々しくて見ていられなかった…・゚・(ノД`;)・゚・

総士は、「支配する力を」って「より強い力でニヒトの力を抑え込む」ことで。
一騎は、「俺はここにいる」って「ザインの力を受け入れる」ことで。
それぞれが起動しようとしていたのが対照的で印象的だった。

あと、ザインニヒト起動シーンみてて思ったんだけど「ファフナーと一体化」と言っても
「一騎がザインになる」
「ニヒトを総士にする」
ってニュアンスの違いを感じた。
前者は「俺はお前だ」で後者は「お前は俺だ」的な。ホント対照的。
これも二つで一つ…なのかな?

でも、ラストの二機が並んでアザゼル型に相対するカットは、もう…ホントに絵の迫力が凄かった。
ニヒトの重厚感と禍々しさが凄いし、ザインの鋭さと華奢さが際立ってた。
画面の圧も半端ないというか、圧力が凄いというか。
何よりザインとニヒトが…って感無量だし…やっぱり燃えたよね。



次回、第8話「平和を夢見て」

↓能戸総監督twitterより
新次元戦闘の次は超次元戦闘か…

ノートゥング・モデルが新次元=ザイン化なら、ザインニヒトはそれを超える超次元だよ!ってことですか分かりません!
つーか、起動にこぎつけるまでで既に結晶まみれなんですが((((;゜Д゜)))

とりあえず、総士がホントあっさりワームスフィア出してた…
まあ芹ちゃんもやってたくらいだし、ならニヒトがワームスフィア出すのは当たり前でしたね。
というかニヒトは武器らしい武器はない?フェストゥム能力オンリー的に戦うのかな?
ザインは、ルガーランス一振りだけって絵、相変わらずカッコイイな。
あと、前のめりの臨戦態勢な感じがクラウチングスタートっぽくて、ザインの「戦闘開始を待ってる感」が凄いにじみ出てた。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する