2014-12-28 12:10 | カテゴリ:蒼穹のファフナー EXODUS
第2話の内容です。
がっつりネタバレ。










第2話「希望の名は」


ブルクで腕組みカノンとショコラがお出迎え。 ※PV
広登がシナジェティックスーツでファフナーコックピット搭乗へ。
カノン「機体と、自分の力を信じて戦え」
 ※HAEリフレイン「自分と機体を信じて戦え」
カノン「広登、お前、ゴウバインメットはどうした?」
広登「後輩に託しました!」とか何とか
カノン「…そうか」

カノン「どうか皆を守ってくれ」ファフナーを見つめて

イアンさん、容子さん台詞。
コックピット搭載、接続。
暉「二年ぶりの戦争か…」
やっぱHAEのあとはずっと平和だったんだね。
そして暉くんの指にもニーベルングの指輪の跡が。パイロットはみんなあるのかな?
痛みで涙を浮かべ顔を歪める里奈ちゃんと、接続のすぐあとと思われるのに全然痛そうにしていない芹ちゃん。
広登の描写もあったような。
確かここで総士がジークフリードシステムに搭乗。
機動→パッとパイロットの顔画面が4つ出る→総士「クロッシング完了!」
クロッシング早っ!と思った流石総士。

戦場。真矢と溝口さん。竜巻。
ジェレミー「なんとか1.33?原子量うんたら…質量固定!
       フェストゥム、実体化します!」
 ※一期弓子さんリフレイン
 ※というか竜巻からこの一連の流れはまさに一期一話

真矢がペルセウス中隊の誘導?溝口さんアタック。
でも突然消えるフェストゥム、溝口機の上空に出現。
真矢「溝口さん!?」
フェストゥムに拘束される溝口機。
 ※これ以上ない程に一期一話の咲良のお父さんのリフレイン((((;゜Д゜)))

フェストゥム「あなたはそこにいますか?」
ハワイの程じゃないけど、気持ちたどたどしい感じの発音だった。
真矢「いるよ…ここに」
攻撃して島の方へ誘導。

その間のやりとりで、真矢の攻撃?と同時にパラシュートで溝口さんは脱出!
※これ一回目は分からなくって、その後のヴェルシールドに機体が叩き付けられたとこから無事を確認するまで内容があんまり入ってこなかったw

そのまま無人の溝口機を掴んだまま真矢機を追うフェストゥム。
ペルセウス中隊がシールド圏内に入ってからシールド発生。
その後出来上がる寸前に真矢機も圏内へ。
フェストゥムはシールドに阻まれ、溝口機を叩き付け→爆散。
その外側にもう一つヴェルシールド展開。
(この時点で第3第4シールドが展開中)
これによって島沿岸にバトルフィールドを形成。

ファフナー出撃!
どこどこ出撃口に…とかアナウンスしていたような。
とにかく水球→バッシャーン→フュンフがバーン!ってお馴染みの。
機体にマーキングがありましたね…「Ⅴ」ってあった。

「クロスドック・エンゲージ!」とかCDCの元人類軍の…陳さんかしら?言ってたような。
あと総士がなんか軍事用語とかでしっかり指揮してる。
「ノイン、フォワード」とか。

ツェーンが狙撃一発、接近してきたフェストゥムの前にフュンフが滑り込み。
安定の盾フュンフの武器が進化してた。
盾の端っこが横に伸びて曲がってそこからビーム!

どの辺だったかな…後輩組の戦闘中に、総士に対してニヒトとザインからのクロッシングが。
というか、え、「ファフナーから」のクロッシング?!
一期でニヒトが総士にはあったけど、あれはイドゥンとしての行動な気がする。
それでもニヒトはイドゥンだったしゆきっぺも同化されているし「自我」はすごくありそうだけど、ザインもですか…?
いや…ドロドロに溶けて再構築はしたけど、どういうことなのか…
なんかホント怖いなこの機体ズ…がっしりと正に「封印」されている様が恐ろしい。

総士「クロッシング拒否…みんなに干渉させない。
   それが今、僕がいる理由だ」※回覧板発言あり。

真矢がCDCに人類軍の誘導を任せたあと、ジーベンの出撃許可を求めて史彦さんが了承。
真矢「皆城君、クロッシングの準備をお願い。ジーベンで出る」
総士「な…CDCが許可したのか?」
んで
総士「僕ら世代唯一の現役?パイロットなんだ、それなのに…」
真矢「2分で出る。使うなら私を使って!」
とか何とかいってて、でも
総士「君が、一騎の代わりに戦う必要はないんだぞ」
真矢「うん、分かってるよ…ありがとう、皆城くん」
総士「…分かってないさ」PV口元に笑みを浮かべる総士の横顔
みたいな感じの会話だった。
総士と真矢がちゃんと会話出来てたwww

とか色々戦ってたらまた突然消えるフェストゥム。
ツェーンの上空に現れて左腕へ攻撃・同化ダメージ。
総士「う…四年半ぶりの痛みの共有か…」
総士も痛覚がパイロットと共有なんですよアピール。
ペインブロック作動せず、里奈ちゃんが咄嗟に銃を撃ってちぎるけどダメで、「左腕ネクローシス」とか何とか総士が言って強制的にパージというか外してた。暉くんの左腕もニーベルングの指輪からむりやり抜き取った感。指輪の部品もバラバラになってるしめっちゃ痛そう。

また消えて、目標喪失したので総士が砲撃要請→島の固定武器で範囲攻撃→各種データ参照→あぶりだし、とここだ!ってなったとこに真矢のジーベンが狙撃。勿論命中。
 ※総士、一期16話のリフレイン
見えたフェストゥムを芹ちゃんがラストにロングソード?でフェストゥム一刀両断!芹ちゃん機は剣に変更。そういえばHAEで後輩組は剣タイプいなかったもんね。

で、終わりかと思いきや結晶広がってパリンしたら4体に増加。
総士が最初「フェストゥムも色々やるようになったな…」みたいなこと呟いてた。
一期23話の、スカラベ型に飲み込まれているときのあの感じにニュアンスが似てた。
総士「ソロモンは一つと反応(断定?)している。核があるのは1体だけ、他は影だ!」
里奈「影っていったって攻撃してくるじゃん!」

で、大変なところで、
ナレイン「我々も戦力を投入する。共に力を合わせて戦おう」
史彦「シールドを解除してやれ」
みたいなこと言って、ジョナサン、アイさん、ビリー参戦。
総士「彼らと共に戦うと…?!」

アイさんの機体…変わってる?羽みたいなのはダスティンさんの機体っぽい。
ジョナサン、ビリーも…あれってドミニオンズかな?青かったけど。
とにかく、真矢&アイ、里奈ちゃん&ビリー、芹ちゃん&ジョナサン、暉くん&広登、の即席含むコンビ4組に。

真矢「早い…」
アイ「あの速さの中当てるなんて…」

ビリー「やあ、お邪魔するよ」
里奈ちゃん「なんなの」

芹ちゃん「なに、助けてくれたの…?」※映画リフレイン的
ジョナサン「あの機体、頭部で攻撃するのか…!」
※とても真面目に驚いています

最後に本体にトドメを刺した時に、
広登「まだ分かり合えないんだな…お前らと」PV既出台詞

総士「パイロット、帰投しろ」
里奈ちゃん「ええ!?あいつら信用できないですよ!」
総士「ファフナーに乗る時間が長いほど同化現象がおこるんだぞ。
   戻って検査を受けるんだ」
里奈ちゃん「う…はーい!」
細かいトコで新規向けにちょいちょい説明が。分かりやすい。
その後暉を助ける広登とか会話を聞いてちょっと苦笑する総士とかホント…
総士の機微が感じられるというか人間味があらわされているというか。

フェストゥム消滅、とおもいきや再びソロモンの反応…それも異常事態。
ジェレミー「ソロモンに反応…なにこれ…?!」

溝口さん「おーい!」
陣内「おやっさーん!」
生 き て た ! ! ! 
いやほんとマジでホッとした…そして陣内さん初登場。

と思ったら溝口さんの背後にとんでもなく大きなフェストゥムが。
意味深に佇んだあと消えていきましたが、どうやらエメリーちゃんらを「追って」きた様子。
史彦「とんでもない存在を招き入れたのかも知れないな…
   来訪者を迎い入れよう」

咲良「戻ったら反省会ね!」
剣司「その前に検査だ」
咲良「う…」
指導する教官?の立場の咲良と、治療する医者の立場の剣司。
それぞれの立ち位置が台詞で表れているなあ。

それにしても剣司…5年でホントに変わったよね。
あの剣司がこんな包容力のある大人になるなんて、なんて感慨深い。
「つらいな、見守るだけってのは」
「…ああ」
ここも。友人への思いやりと気配りもできる出来た男、近藤剣司。
いやマジでカッコよすぎて不安になるレベルですねこれ。

この様子だと、剣司や咲良、カノンはもうファフナーへの搭乗はシナジェティックコードの数値…適正的に「不可能」なのかも。
後輩組の指導の為に、限界ギリギリまで乗ってたと予想。
んで、とうとうもう「乗れなく」なって下りた…みたいな。
「生き延びたパイロット」第1世代?
だからもう「見守る事しかできない」立場で、その台詞なのかな。

竜宮島へと到着した一行。
ナレイン「たどり着いた…」
エメリー「この島のミールは空気なんだ」
あ、それは知らなかったんだ。
エメリー「私たちを受け入れてくれてる!」
ジョナサン「空気…?」
深呼吸するエメリーちゃん可愛い。

ナレイン「人類軍~アジア~~所属、ペルセウス中隊
     ナレイン・ワイズマン・ボース大将だ」
史彦「アルヴィス総司令、真壁史彦だ」
握手する二人。ナレインさんの指には指輪の跡が。
史彦「現在の人類軍では、将官が部隊長を務めるのか?」
ナレイン「大将だけで100人以上いる。もはや肩書など何の意味もない。
      命と希望を失わなかった者が、責任を負うのだ」
史彦「同感だ。
    ~の安全の為に、パイロットには監視をつけさせてもらう」
ナレイン「当然だな。
     この三名と…そして、私がパイロットだ」
史彦「ファフナーに乗れるのか?!」
ナレイン「(史上?)最高齢のファフナーパイロットであることが、ささやかな自慢でね」
ナレインさんがまさかの現役という!吃驚!
とここで我慢できずという感じで発言するジョナサン。
ジョナサン「お願いします。
      どうか、パイロット同士の交流を許可して頂けないでしょうか?」
アイ「あなたがあのマカベですか?」
ビリー「違うよ、カズキ・マカベじゃないよ」
史彦「一騎だと…?」
ビリー「そう、僕らにマカベ因子を与えてくれた人!」
アイさん「北極ミールを倒したエースパイロット!」
ナレインさんが何か言ってから、
ナレイン「Dアイランドのカズキ・マカベ。
      彼は我々にとって英雄なのです。」
Dアイランド=竜宮島?Dはどこから?竜=ドラゴンとか?
一期は「AP1(エーピーワン)」=アーカディアンプロジェクト1、って言われていたけど。
にしても、北極ミールの件って真矢さんについてはスルーですか…?

「……一騎?!」
「カノン」
「…なんでお前がここにいるんだ?!」
「…なんとなく…かな?」
ザインの所にいる一騎を咎めるような口調のカノン。
この一騎の静謐さが怖いホントに。あっさり「いなくなりそう」な。

「…他の人は、乗らないんだな」
「特殊すぎて乗れる者がいないんだ。
 コアが分離できるようになったら、機体は海に沈めるつもりだ」
「そうか…」
一騎はそっとザインに手を伸ばし…
「ダメだ!こいつはパイロットの命を求める!」
必死に一騎の手を掴み制止するカノン。
「お前はもう十分戦った!もう、十分だ…」
とか
「もう近づくな!頼む…!!」
「カノン…」
「頼んでもダメなら、力ずくでも止める!」
カノン必死。超必死。なのに…
「お前の手、あったかいな」
「…っ!」
自分が一騎の手を掴んでいる状況に真っ赤になってバッと手を放すカノン。
「邪魔して悪かったな、カノン」
あっさり立ち去る一騎をただ見送るカノン。

ってあの…一騎さんマジで一騎さん。
むやみやたらと乙女心を引っ掻き回すその手腕はいっそ見事といいますか。
うぶちんの本のHAEの前日譚のエピソードのあのまんまというか、延長線というか。
カノン可愛いけど一騎酷い。酷い男だ。
どんだけ周囲を不安に陥れれば気が済むのか。
ザイン封印でパイロット登場不可、寿命短いって一騎…((((;゜Д゜)))

あと、こんな状況だなんて、BD第一巻のジャケット絵からのギャップが酷い。
ロボットものアニメのジャケット絵としては王道中の王道、キャラ+機体なのに。
主人公とその機体なのに。
その収録回で、その機体が周りからは恐怖の対象になってて封印中、破棄予定…とか中々ないよね。

検査・治療を受ける後輩組。
芹ちゃん検査中。
暉くん点滴受けながら咲良とベンチで話し中。
医務室のベッドに居る里奈。
同じくベッドでラムネをラッパ飲みする広登。

「あーもう!
 パイロットなんてやめたい!って思うけど、後輩が乗るって思うとさ、
 …まだ乗らないといけないって思うのよね…(ため息)」
今では里奈ちゃん達が現役パイロットで、「先輩」の立場なんだもんね。
「そうだな…
 剣司先輩なんて、俺たちの為に…」
HAEであんなに反抗していた広登が…剣司の凄さが、剣司らのメイン世代が先輩として後輩組にしてきたことが、ちゃんと伝わっている。
ここでも「受け継いでいる」んですよね。皆がちゃんとそれぞれに成長している。

剣司の手でアンプル注射を受ける総士。
剣司「鎮痛剤はくせになる。
   痛みが酷いなら、暉と一緒にパルス療法を受けてみないかって遠見先生が」
総士「分かった」
扉が開き真矢が入室。
真矢「ねえ、美羽ちゃんがアルヴィスにいるって本当?」
すぐに真矢を見た総士はくるりと背を向ける。
真矢に目を向けず返答していた剣司は話している途中で目線を向けて、
剣司「~~~…っておい!遠見!服を着ろ服を!」
と慌てて顔をそむける剣司。
ここ、総士と剣司の反応の差が個性出てて良いなw
剣司の言葉に、シャツ(多分制服)を羽織っただけで胸元がら空きという自分の恰好を見下ろす真矢。
にんまりとして、
真矢「なあにー?二人ともお医者さんでしょー?まだまだだねーw」
剣司「あのなあ…」
総士「そういう問題じゃないだろう…(赤面)」
ホントそうだよ!www
医者一家の末っ子の言い分だけど、真矢さんいくらなんでもそれは…総士ご愁傷様ですwww
ここに一騎がいたらどんな反応してくれたのかなーと気になる。
二人ともってことは、剣司→医療(治療)方面、総士→研究方面って違いはあっても、広い意味では「医者」なんだね。

アルヴィス内の部屋…HAEで操と史彦さんが対話したり、千鶴さんが美羽ちゃんに質問したりしていたトコかな?
椅子に座って足をブラブラ。
美羽「ねーまだ?まだなのー?ママー?」
弓子「~~~だから、もうちょっと待っていましょう?」
美羽「美羽、ずっとずうっと待ってたんだよー!」
待ちきれない様子の美羽ちゃんと、その言葉に不安げな弓子さん。

次の瞬間開いた扉、同行するアルヴィススタッフ(女性)の陰から現れたエメリー。
美羽「あ…っ!」
思わず席の上で立ち上がる美羽ちゃん。
美羽を見て、描いてきた自分と美羽の絵を嬉しそうに見せるエメリー。
美羽「エメリー!!」
こらえきれず、といった様子で駆け寄り抱きつく二人。
エメリー「ずっと信じてた。私の空想なんかじゃないって…!」
美羽「いるよ…美羽はここにいるよ」

その様子を隣の部屋から(マジックミラー?映像?)観察している史彦とナレイン。
史彦「遠く離れた場所にいた二人が、会話していたというのか…?」
ナレイン「彼女たちをミールが仲介していたのだ」
史彦「ミールが?」
ナレイン「フェストゥムの中枢である、(~情報?超?)生命体。
     そちらの方が詳しいかと思うが」
ミールの説明。ちゃんと作品の特殊設定や用語の説明挿入が分かりやすい。
「ミールと対話する能力を持った者のことを、我々は「エスペラント」と呼ぶ」
「…希望…」
「そうだ。
 互いを理解し~~~ための、人工言語の名だ」
とか…ナレインさん色々言ってた。

※リアルでの、エスペラントの象徴が「緑の星」
 あと、「イメージカラーの緑が希望を意味する」とのこと。
 …ファフナー的には、緑っていると結晶が浮かぶので、
 どちらかというと「絶望」なんですが。
 いや、フェストゥムにとっては希望なのか?
 エメリーちゃん所持の結晶がミールなのかな?なら可能性ではあるけど。

「彼女の弟が、北極ミールの欠片(一部?)~~~、
 弟からミールとの話し方を教わったという」
「弟は今どこに?」
「……あるとき、彼女が暮らしていた街が戦闘となった。
 彼女の弟はミールを通して、戦いをやめるよう訴えたという」
「フェストゥムと対話したのか?!」
「その結果?、戦闘は止められた(収束した?)
 だが、彼女の弟と家族が、ミールに取り込まれたのだ。
 …彼女が生き残った理由は、いまだ不明だ」
何だろう、早速エメリーちゃんの正体が明かされたけど、まだ何かあるんじゃなかろうかと不安になる。
とはいえあの靴は弟の遺品なんですね。
んであの結晶がそのミール?

楽園で刻みものしている一騎の元に、
「やっぱりここにいたー」
「遠見?!」
「商店街、まだどこも開いてないよ?」
「まだ休んでいろよ」
「へーきへーき!
 もうすぐみんな来るだろうし」
そう言ってエプロンを手にしてカウンター内へ。
「そっか…溝口さんは?出前があるんだ」
「あたし行くよ」
「そんな、俺が…」
カランコロン
陣内「お邪魔するよ、一騎くんは…いるね」
真矢「陣内さん!」
一騎「どうしたんですか?」
特殊部隊の装備の恰好で、楽園内へと入ってくる陣内。
「いや、真壁指令からの指示でね。
 客を案内しにきたんだ」
「父さんが…?」

軍人らしい動作で入店、バッと敬礼して、
アイ「人類軍ペルセウス中隊所属、ファフナーパイロット、
   アイッシュワリア・フェイン!
   アイとお呼び下さい、カズキ・マカベ」
一騎「なんで…俺の名前…」※HAEリフレイン
ビリー「ビリー・モーガン!パイロットです」
え、なに…と言わんばかりに、顔に大きく困惑と書いてある一騎と真矢。
ジョナサン「ペルセウス中隊隊長、~~パイロット。
      ジョナサン・ミツヒロ・バートランドです」
真矢「…!ミツヒロ…?」
ですよねー、そうなりますよね当然。
?と真矢の反応を一瞬気にするジョナサンだけど、
「お会いできて光栄です」だっけ?困惑する一騎の手を取り真っ先に握手。
「あなたのおかげで、私は戦えるのです」(俺だっけ?一人称忘れた)
「俺の…?」
と、ただただ困惑する一騎と、不安げな真矢。
ビリー「マカベ因子のプレゼンツに会えるなんて!」
とか、三人ともに一騎への憧れというか感謝というか好意というかそういうのが全開だった。
嬉しくてしょうがない、みたいな。(ワンコっぽい
ワイワイとテンション上がっている彼ら。うん…悪い人ではないんだろうなあ。
とはいえ、彼ら目線のカズキ・マカベ=一騎の人物像、というわけではないし、彼らとの出会いが一騎や島の人々へどんな影響を与えるのかが気になります。

そして総士のポエムで〆。
色々言ってましたね。
妙に詩的なのは今のところは無いですね…真面目な感じというか(←)
「希望が齎すものが…とは限らない。
 新たな希望が訪れたその日…僕らの……
 それ以外の選択は、許されなかった」

この時の絵の、立ち入り禁止エリアへ防御スーツ着て入っていく二人。※PV3
一体誰なんだろね…
左側、髪のシルエットからすると総士っぽいんだよなあ…
んでそうすると、総士より体格良い人ってなると大人の男性だろうから
①史彦
②溝口さん
③保さん
④イアンさん
⑤陣内さん
⑥ナレインさん
…さて、だーれだ?!
いや、どうやら髪が短そうというか向かって左側の顔のラインが見えて髪型が見えないから、短髪系なのかな…そうなるとイアンさんは候補外かも。
でも、ここでこの完全防備状態でどこにいくのか。
ニヒトの絵も出たし、ここにニヒトが封印されているのかな…ニヒト怖い((((;゜Д゜)))

あと最後の「それ以外の道は、許されなかった」の恐ろしさ。
希望の対面だからといって、良いことになるとは限らない的な。
変化がプラスになるかは分からないよね…みたいなニュアンスで、
え、そうなっちゃうの…鬱展開待ったなし?((((;゜Д゜)))



とりあえずここまで。書き出すと長いなやっぱり。
情報多いから余計に書くこと多い。
おいおい追記するかもですが、どっか間違ってるーとかこうだったよー的なものがあったら、良ければ教えて下さいー


スポンサーサイト

管理者のみに表示する